深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

三叉神経ダイエット 4

●あっ、あの人に送ってあげよう!
『股関節痛は怖くない!』好評発売中!



全世界的に一般的になっている体重指数BMI(Body Mass Index)


BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)  ※身長の単位はmです。

皆さんのBMIはここで計算できます

私の場合

BMI=71kg÷1.7m÷1.7m=24.57


BMIの数値の判断は次の通りです。

17.6以下  やせすぎ
19.8以下  やせ気味
  22    理想体重
24.2以上  過体重
26.4以上  肥満


私の場合、“過体重”、つまり肥満の入り口のドアをノックしたところって感じです。

皆さんは体重を気にする様ですが、24.0以下ならそんなに気にする必要はないと思うんです。
また、体重が増えると、その体重を支えるために、脚の筋力は確実に強化されることは確実です。


また、“体重が1kg増えると股関節への負担は3kgになる”という考え方は嘘です。
計算上は確かにそうなりますが、この計算には“衝撃吸収力”は計算されていません。

人間の関節内の“衝撃吸収力”はいかなる手段を用いても計測はできません。

人間の身体には科学では証明できないこともいっぱいあるのです。


ですから、私は変形性股関節症患者さんはそれほど体重に神経質になる必要はないと考えています。
それでも、気にする人がいるのは事実ですし、身体が軽いほうが楽に動けることもある事は事実ですので、この記事を書いています。




前にも書いた、名古屋大学の玉腰浩司准教授(公衆衛生学)らのグループは、「食べる速さ」と「身長」「体重」との関係を調べています。

その結果、「食べる速さ」が「ふつう」の人を基準にすると、「とても速い」男性はBMIがプラス約1.5(体重では約4 kg重い)、逆に「とても遅い」男性はBMIがマイナス約1.0(体重では約3 kg軽い)という結果になったのです。



ま、そんな結果も出ていますので、三叉神経ダイエットは効果があるのではないか?
運動もしなくていいし、食べ物も選ばなくて良い。

 

股関節にやさしい減量方法ではないかと考えています。



私もやります。
皆さんも、興味のある方は“三叉神経ダイエット”トライしてみませんか?





変形性股関節症を怖がらないでね





吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ
関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ