深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

CE角

今は「日本はなぜ世界で一番人気があるのか」(PHP新書)を読んでいる松本です。
世界は日本人の良さをわかっているのに、日本人は日本人をあまり好きになれないようです。
今こそ日本人であることにもっともっと、もっと自信を持とうではないか!!!・・・ゴホゴホ、ゴホホホホ・・・。

今日は、患者さんにご協力をいただき、田山先生と加藤先生との勉強会です。
午後5時前からは、社長も加わり銀座2丁目メルサのオールド・デリーにいますよ。

加藤先生は、4月から一部他の仕事をしながら開業致します。
田山先生は3月で江戸川病院を退職して、銀サロ(株式会社J-MARKS)の正社員となります。
全ては皆さんのために!






CE角(シーイーかく)はレントゲン写真の計測法の1方法です。

屋根(骨盤側の臼蓋)の深さの計測法です。

CE角はCentral Edge Angleの略で、日本語では中心-縁角みたいな意味です。

中心とは、大腿骨頭の中心で、縁とは臼蓋の上外側の縁を言います。
具体的には、大腿骨頭中心と臼蓋外上縁(臼蓋嘴)を結ぶ線と、垂直線のなす角度をいいます。

<正常値>   成人 → 30°以上(25°以下を臼蓋形成不全)
       


これが大腿骨頭の中心です↓(赤丸)




そして、これが臼蓋外上縁(臼蓋嘴)です↓(黄色矢印の先)




大腿骨頭中心と臼蓋外上縁(臼蓋嘴)を結ぶ線と、垂直線のなす角度を示すとこのようになります↓




この角度が25°以下は臼蓋形成不全と診断されます。





ここで問題となることがあります!


臼蓋外上縁(臼蓋嘴)はわかりやすいのですが、大腿骨頭中心が意外とあいまいであることです。


大腿骨頭が円に近い状態なら、中心を探しやすいのですが、大腿骨頭が円状では無い場合にあいまいになるのです。
あいまいということは、先生によってCE角の数値にばらつきがある可能性があるということです。


この話のつづきには、凄いことが書かれています。



・・・次回の記事を楽しみにニコニコお過ごしください!







高崎方面の方、お待ちしています!
高崎・加藤先生のホームページ

吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ

関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ

銀座店・田山先生の予約先
こちらからどうぞ!

全店まとめて!
私達グループのホームページです!







変形性股関節症を怖がらないでね








お時間のある方はここを!