深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

筋力低下で痛みは出るの?

GWは人出も多く、なかなか良い雰囲気になってきたように思います。
皆さんの休みはいかがですか?




一般的に言われている“筋力低下”は、筋肉を使わない事による、もしくは筋肉を使えない事による筋力低下を言うかもしれません。

専門用語では廃用性筋力低下(はいようせいきんりょくていか)と言います。


筋力低下の原因が、廃用性筋力低下だけの問題なら、筋肉を使えば筋力は強化されます。

1つ付け加えるとすれば、この廃用性筋力低下には痛みは伴いません。


“痛み=筋力が低下している=筋力トレーニングが必要”

一般的にはこのように考えられているかもしれませんが、この公式には間違いが含まれています。



筋力低下の原因には、いくつかの原因が考えられます。

もちろん、廃用性筋力低下もその一つですが、痛みを伴う筋力低下の原因としては筋肉の病気である筋・筋膜症候群が考えられます。



変形性股関節症の場合、まずは骨や軟骨に異常のある事が多いという事は忘れてはいけないでしょう。

変形性股関節症が原因の炎症が起きると、筋肉の硬結(こり)が起こりやすくなるでしょう。


みなさんには、まず筋・筋膜症候群が起こり、その痛みにより脚が使えなくなるので廃用性筋力低下が起きると考えます。

つまり、皆さんの筋力低下の原因は、筋・筋膜症候群と廃用性筋力低下が混合している場合が多いです。


難しいのは、筋・筋膜症候群に対しては、筋力トレーニングが痛みを増やす原因になる事があり、廃用症候群には筋力トレーニングが効果的な事がある事です。



このブログは、様々な筋肉の状態の方が読んでいます。



ですから、私はほとんど筋力トレーニングについて書かないのです。

筋力トレーニングには“危険性”が含まれていることを知ってしまうと、なかなか筋力トレーニングのことは大勢に向けた情報としては書けません。

雑誌『安心』や『はつらつ元気』に寄稿した時も、筋力トレーニングについて書いていないのはそういう理由からです。


基本的に私は、“痛み=筋力低下=筋力トレー二ング”とは考えません。

“痛みがあるなら、痛みを改善させて筋肉の状態(質)を改善させてから、筋力トレーニング、それも変形性股関節症を考慮した安全な筋力トレーニング”と考えています。





痛みがある時に、筋力トレーニングを行っていいのでしょうか?
それは、筋トレを行った後の痛みの状態をみて判断されたら良いと思います。

筋トレ中に痛い、筋トレ直後に痛いと言う方は、そのトレーニングが自分には合っていないという“身体からのお知らせ”かもしれません。





変形性股関節症を怖がらないでね








高崎方面の方、お待ちしています!
高崎・加藤先生のホームページ

吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ

関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ

全店まとめて!
私達グループのホームページです!