深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

むくみ

19日の夜に「まもなく台風が来るぞ!」と騒がれていた鹿児島から九州新幹線で脱出。
20日和歌山へ行くと「まもなく台風が来るぞ!」と騒がれたので夜に東京へ脱出。
東京に帰ったら「まもなく台風が来るぞ!」と騒がれていた。
そして、遂に21日に逃げ切れず・・・吹き飛ばされました!


●10月1日には東京で「銀サロ5周年パーティー」を行います。
●10月3日午後6時30分~ホテルラフォーレ新大阪で「松本深圧院新大阪」の開院パーティーを行います。





皆さんが大腿周径を計る目的は、まずは自分の脚の筋力を知ることでした。

そして、もう1つの目的は“むくみ(浮腫:ふしゅ)”を知ることです。




むくみと聞くと“リンパの流れが悪い”と考える方は意外と多いようですね。


むくみ(浮腫)は、リンパ浮腫10%に対して、静脈浮腫90%と言われています。
むくみはリンパよりも圧倒的に静脈に原因がある事が多いのです。


つまり、むくみがある時は、リンパの流れが悪いことが原因と考えるより、静脈の流れが悪いことが原因であると考えた方が良いですね。



人の血液は心臓という力強いポンプの力によって身体各部の末端まで送られます。
この時の血液(動脈血)には酸素と栄養が多く含まれていて、強く脈打つ“動脈”を通って末端まで送られます。


その血液は、身体各部に酸素と栄養を与えて、老廃物と二酸化炭素を含んだ静脈血となり心臓に戻っていきます。


この静脈血の中の成分の20%(主にタンパク質とリンパ球)はリンパとなってリンパ管をとおり心臓に返ります。
そして、残りの80%は静脈血となって静脈をとおり心臓に返ります。
静脈とリンパは、親が同じ姉妹ですので、リンパも心臓に返る時だけに存在します。



人の静脈血やリンパは、何かの力で心臓に戻さないといけないのですが、戻りが悪い時にむくみが起きます。
問題は、静脈血やリンパを心臓に戻す強いポンプが存在しないことです。




以上の説明から、皆さんの中に“脚は第2の心臓”という言葉が浮かんできたでしょ?



静脈血やリンパを心臓に返す“第2の心臓”。
この第2の心臓をしっかり働かせればむくみは取れるのでしょうか?



第2の心臓は、脚のどこにあるのですか~!!

くるぶしか?・・・ちっちゃいのう~!・・・?








群馬だけでなく、栃木、長野、新潟、埼玉の方もお待ちしています!
高崎・加藤先生のホームページ

吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ

関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ



変形性股関節症を怖がらないでね