深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

関節包と関節唇 4

皆さん、お元気ですか?
正月は楽しくしっかり休めましたか?
私はガッツリ休みました。
そして、本年も田山、宮川と一緒にガツン始めています。
本年も皆さんの為にあちこちで・・・頑張ります。
よろしくお願い致します。



12月9日の記事『関節包と関節唇 3』の続きです。(ひさしぶりぶり~)
12月9日の記事の最後を振り返ってみます。


・・・疑問点を要約すると次の2点になるでしょう。

1、骨には痛みを感じる神経があって、体重をかけると骨と骨とに神経が挟まれて痛むんじゃないの?
2、なんで人工関節手術を受けると痛みがなくなる方が多いの?


今回は1、の疑問について考えてみます。

私達が診させていただいています患者さんの場合でも、筋肉だけの施術で足に全体重をかけても痛くない人はほとんどです。(患側荷重)


人が足に体重をかけた時に、足の筋肉群は一斉に収縮します。
これは、意識的ではなく無意識の反射として一斉に収縮します。
筋肉が病気の場合、足の筋肉の一斉収縮と同時に痛みが出ます。
この状態を“骨と骨が当たって痛い”と説明する先生がいます。
この状態の時に“骨と骨が当たって痛い”と思う患者さんがいます。


この場合、筋肉の影響を除外して考えてあげれば、それが本当かどうかわかります。


例えば、力を抜いた状態で下の図のように骨と骨がぶつかるような強い力を与えてみればいいのです。↓

例えば、筋肉を治療してから骨と骨が当たるように全体重をかけてみて判断すればいいのです。

これが診察です。
どちらの鑑別法でも、痛みを訴える方はほとんどいません。
これは骨と骨が当たって痛いのではないという証拠です。


骨と骨が当たって痛いのなら、歩くたびに均等な痛みが常時あるはずです。
ところが皆さんはこう言います。
「歩き出しの数歩が痛くて、歩き続けると徐々に痛みがなくなります。」
「歩き出しは痛くないけど、数分歩いていると痛くなります。しかし、数分休むとまた痛くなく歩けるようになります。」
これも、骨と骨が当たって痛いのではないという証拠です。


皆さんには、股関節痛の原因は骨と骨が当たるからではないと信じてほしいと思います。
そうなれば、足に体重をかけることへの怖さがなくなります。
足をかばえばかばうほど、筋肉も骨も弱くなってしまいますからね。



下の絵はわかりやすく書いたつもりの骨の絵です。(煙突じゃないよ!)


下の絵は、その骨の断面図です。(わかりやすい! 自己満足!)


下の絵のように、骨の周りには水色で示した骨膜があります。(股関節には骨膜はありません)
また、赤い矢印で示したように、骨の表面には穴が開いています。
青い矢印で示した骨の中にも、海綿骨という隙間の多い弱い骨があります。


下の絵が海綿骨で、その隙間は骨髄で埋まっています。
骨髄では、新しい血液の成分作られています。



骨を包む骨膜には豊富な神経と血管があります。
骨膜から骨の表面にある穴に血管(動脈と静脈)が入り込み、骨の中と骨の表面に栄養を送っています。
ですから、この穴は“栄養孔:えいようこう”と呼ばれています。(赤が動脈、青が静脈)



この血管と同じように、骨膜からこの穴を通って神経も骨の中と骨の表面に入り込んでいるといわれています。

これに関するデータがなかなか無いのですが、どうもそうらしいのです。


しかし、実際の患者さんが示すように、この神経はほとんどの場合痛みを感じていないようなんです。


さらに、うまくできたもので、私は“コーティング”と呼んでいますが、ダメージを受けた骨の表面を神経を含まないカルシウムが覆います。
専門的には“骨硬化:こつこうか”と言います。
骨密度の濃いカルシウム(レントゲンには白く写ります。)が骨の表面を覆ってくれるのです。

白く写るのは、骨密度が高いということで、骨としては強くなっていることなので悪いことではありません。(逆に、レントゲンで黒く写るのは、骨密度が低いということですので、あまりよいことではありません。)

骨硬化像の一例です。(これが修復です!)





股関節痛は、骨と骨が当たるから起きるのではありません。
もちろん、神経のない軟骨のすり減りなんて股関節痛とは全く関係ありません。


ではでは、2、なんで人工関節手術を受けると痛みがなくなる方が多いの?


この疑問については、来年の正月に・・・うっそ~!


次の記事で!

Don't miss it!








関西の方、お待ちしています!
松本深圧院新大阪のホームページです!

北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ

群馬だけでなく、栃木、長野、新潟、埼玉の方もお待ちしています!
高崎・加藤先生のホームページ

もちろん、銀座でも美男・美女がお待ちしています!
銀座店のホームページです!


変形性股関節症を怖がらないでね







【まっちゃんニュース!】
2006年1月8日から始まったこのブログも、明日でまる6年。
始めた時は47歳だったので、私ももう41歳になりました!(年々若返る謎)
皆さんのおかげで、ここまで続けられました。
ありがとうございます!
感謝です!
ありがとうございます!
感謝です!
ありがとうございます。