深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

炎症と酸欠

大阪では新しいスタッフの教育が始まりました。
その大阪の帰りに南紀白浜に寄ってきました。
白浜には3時間しか滞在できませんでしたが、用を済ませた後、いとこと快晴の海を見ながら食事をして来ました。
素晴らしい海でした。
ランチではピッツァが食べられなかったのが残念、いつか夜行きませんか?
東京羽田から90分くらいで着ける店なんです。
ピッツァリア・ペスカトーレ
   


今夜まで銀座でガツンしてから仙台に向かいます。
東北のみなさん、宜しくお願い致します。


来月の福岡では、いろいろな方と出会います。
私の頭の中だけの話ですが、昨日ある先生とのメールのやり取りによって「松本深圧院 福岡」が完成しました。
九州の方々の意見をお聞きしてから、社内でじっくり検討したいと思います。
九州のみなさん、福岡ではいろいろ教えてください。






私は股関節痛の原因はを次のように考えています。

1、炎症・・・股関節関節包と関節唇の炎症
2、筋肉内の酸欠・・・筋肉内の血流不足(=筋肉のこり=筋肉の病気=阻血=虚血)

・・・ということは前回も書きました。


そこでです。

1月28日の記事になるわけです。


痛いから筋トレ・・・・は?・・・ですね。


炎症には筋トレは禁忌です。
炎症をさらに強くする可能性があるからです。
極端に言えば、足を捻挫している人に、「走って下さい」と言っているような感じです。

問題は酸欠です。
酸欠なんだから、運動にて循環を良くしてあげれば酸欠は改善するのではないか?
・・・正解です。

確かに、軽い運動なら効果がある事があると思います。
軽い運動は“筋トレ”というより“リラクゼーション”的な運動になりそうです。
そう、貧乏ゆすりとか・・・?

しかし、筋肉内の酸欠も重度になっていると、その軽い運動すら痛みの悪化につながります。
このような時は、筋肉が病気の状態です。
貧乏ゆすりでも痛みが出ている方がいます。
病気の筋肉に筋トレが有効かどうかと言う事を考えて頂きたいと思います。




これから手術を受けられる方。

手術の前に筋トレを!・・・と言われることがあります。

痛いから手術に踏み切ろうとしている。
その痛い股関節には、筋トレよりもリラクゼーションやストレッチで筋肉をほぐしておく方が手術後の経過が良いと考えます。

手術にて、痛みが改善されれば、それからでも筋力は十分改善できるのですから。



ところで、私はNHKの『ためしてガッテン』を見られませんでした。
しかし、大阪でそのDVDを手に入れたので、じっくり見てみます。
そして、感じることがあったら記事にしてみます。








  <ここをクリックしてね!↑>
  手術前後の考え方 P138~







群馬だけでなく、栃木、長野、新潟、埼玉の方もお待ちしています!
高崎・加藤先生のホームページ

関西の方、お待ちしています!
松本深圧院新大阪のホームページです!

北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ

もちろん、銀座でも皆様を待ちしています!
銀座店のホームページです!






変形性股関節症を怖がらないでね