深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

“超”に注意を!

TIU48の松本です。

今日はかなり暖かくて、ずいぶん春らしくなりました!
天気が晴れると、心も晴れます! 




“極超短波(ごくちょうたんぱ)療法”と“超音波(ちょうおんぱ)療法”。
どちらも“超”が付きますね。


電気を使った治療法があります。
広い意味では物理療法と呼ばれています。


病院や整骨院で多く取り入れられています。



電気には波があります。
1秒間に何回の波があるかを示す単位がヘルツ(Hz)です。

●人体にヘルツが少ない電気を流すと、筋肉が収縮します。
これを低周波治療と言います。
腹筋を収縮させて、お腹をすっきりさせます!・・・といわれる、あのEMSも同様です。 

●人体にヘルツの多い電気を流すと、筋肉は温められます。
これを高周波治療と言います。
“極超短波療法”は高周波療法の1つです。
“マイクロウェーブ療法”や“マイクロ”などと呼ばれることが多いです。
これです→

●更にヘルツの多い電気は音(人には聞こえません)が発生し、筋肉は温められます。
これを“超短波療法”と言います。
これです→
肌にジェルを塗ってからクルクルする機械です。


これらの電気療法の中で、人体の深部を温める事が出来るのが「超」の付く“極超短波療法”と“超音波療法”です。

一方、同じ温める機械でも、赤外線やホットパックなどは熱が深くまで入りません。



熱が深くに入ると言う事は、未手術や自骨手術の皆さんの股関節には効果的です。
逆に、熱が深くまで入ると言う事は、人工関節の皆さんの股関節には危険性があるので禁止されています。










群馬だけでなく、栃木、長野、新潟、埼玉の方もお待ちしています!
高崎・加藤先生のホームページ

関西の方、お待ちしています!
松本深圧院新大阪のホームページです!

北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ

もちろん、銀座でも皆様を待ちしています!
銀座店のホームページです!



松本深圧院グループの顔です。
松本深圧院グループのホームページです。




変形性股関節症を怖がらないでね





TIU48
日曜の夜、「平清盛」が終わって「イ・サン」が始まるまでの2時間ちょっとの間に、必ず「うたた寝」をしてしまう48歳松本でした。