深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

なぜ“筋トレしなさい”だったのか? 2

7月23日宝塚で患者さんたちとゴルフしてきました。

ピンクののんちゃんは人工股関節、黒のミサさんは子供の頃から数回手術を受けられてきました。
私はのんちゃんの骨にも、ミサさんの骨にも自信を持っていますので一緒にゴルフに行くのを楽しみにしていました。
手前の男性は以前から宝塚で整体を行っているヒロ先生です。去年、深圧研修を受けてからは深圧を行っています。
のんちゃんは、人工関節手術後足をかばう癖がついていて、手術側の脚がかなり細くなっていましたが、最近は随分としっかりしてきて、左右のバランスがよくなってきました。
ミサさんは、どこに行ってもゴルフは止めなさいと言われていましたが、私のところには“ゴルフを続けるために”3ヶ月に1度通われています。
黄色のおじさんが松ちゃんです。
芝が伸びていてかなり難しいコースでしたが、4人のスコアはほぼ一緒で皆かなり上手でした。
また、このコースを4人で再攻略する約束をしています。
ナイスショットです。
これまたナイスショットです。
またまたナイスショットです。
 お~~~い! おじさ~ん!

近々有名プロゴルファーの指導の下、ゴルフ教室を開催しましょうか?
参加してみたい方がいらっしゃいましたら実行しますよ!






前置きが長くなりました・・・。
さて本題です。
股関節痛がある時“体重をかけると軟骨がすり減る”と考えると次のような対策を考えてしまいます。

「痛い方の脚をかばいなさい。」

脚をかばうと、確実にかばった方の脚の筋力は低下します。

脚をかばうことにより必ず起こる筋力低下を、脚に負荷をかけない筋トレでカバーしなさい。

このような経過から“股関節痛=筋トレ”という考え方が定着してきたように思うのです。

足をかばわなければ、筋トレはそれほど必要ではなくなると思うのです。
しかし、股関節痛があると痛い方の足をかばうしかありません。

ですから、私達は皆さんの股関節痛を取り去ろうとしているのです。
そして痛みがある方の足に体重をかけるように指導して、筋力低下を防ぐと同時に筋力強化をはかっているのです。

股関節痛の原因を考えると、筋トレによって股関節痛が悪化する可能性があることは以前の記事で説明しましたね。






“足をかばいなさい”と言うと、いつも思い出す方がいます。
かつて担当させていただいた田村さんのことです。

今は、後輩が整骨院で施術してくれています。


田村さんは、股関節痛で初めて病院を受診した時、足をかばうように指導されました。

田村さんは、それから10年以上徹底して足をかばってきたとおっしゃっていました。
先生の言うことを信じ、徹底して足をかばっていたようです。
そうすれば、股関節の軟骨が長持ちすると信じてきたようなんです。



初めて私が田村さんにお会いした時の田村さんのイメージです。
今から12年前の話です。



この時、軟骨は無く骨と骨が当たる、いわゆる“末期”の状態でした。


「私は病院の先生に言われたとおりに徹底して足をかばってきました。でも、結果的にはこの状態です。」
涙を浮かべながら私に訴えてきた田村さんの言葉が今も忘れられません。



足をかばうことの問題点は、身体にアンバランスが生じてしまうことです。
このアンバランスが、筋力低下、骨密度低下、重心の位置の偏位、循環障害、身体の痛みを生み出すのです。


このアンバランスによる症状の悪化を、“進行性” ”しかたない” ”防ぎようがない“ という言葉で片づけられているのが現状だと考えています。

私は、この現状が悔しくて股関節専門になったように思います。


田村さんの鼻から垂直におろした垂線は、左脚に偏っていました。(下図の赤い線、通常は垂線は両脚の中心にくる)
骨盤は悪い足の方が挙上して傾いていました。
その結果、見た目の脚長差が大きくなり、右足はつま先で歩いていました。




田村さんは経過が長かったので既に骨は安定していましたので、股関節痛は容易に改善しました。

その後、重心を悪い方に寄せてアンバランスを解消する目的で患側荷重法(かんそくかじゅうほう)を指導しました。
(患側荷重法は安全な筋トレ方法でもあります。)

残念ですが、この10年は田村さんにお会いできてないので、その後の経過を報告することはできません。



足をかばうということは、わざわざ身体にアンバランスを生じさせてしまっていることは皆さんにもご理解していただけると思います。




次回は、骨盤が傾き挙上する例について考えてみます。





  <ここをクリックしてね!↑>
  患側荷重法 P168~







群馬だけでなく、栃木、長野、新潟、埼玉の方もお待ちしています!
高崎・加藤先生のホームページ

関西の方、お待ちしています!
松本深圧院新大阪のホームページです!

北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ

もちろん、銀座でも皆様を待ちしています!
銀座店のホームページです!



松本深圧院グループの顔です。
松本深圧院グループのホームページです。




変形性股関節症を怖がらないでね