深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

肩が左右にゆれる方へ

今年は、毎年恒例秋のオフ会(食事会)の日程が取れず中止とします。
現状では秋の予定がたてられないためです。
どうもすみません!

今年、患者さんが集まっていろいろ患者さん同士が情報交換できる場は、5月17日の『出版記念パーティー』だけとなりました。
お申し込みの締め切りを5月10日とさせて頂きます。

あと10名ほど空きがあります。

ご検討お願いします。
初めての方々大歓迎です。

出版記念パーティーの詳細

お申し込み先銀サロホームページ(←ここをクリックしてください。)







前の記事に書きましたように、歩く時に肩が左右にゆれるのは、実は片足で立った時に骨盤が左右に揺れるからなんです。
その主な原因は、脚が痛くて、または脚をかばうようにいわれたことにより脚に体重をかけられなかったことが原因の中殿筋の筋力低下なのです。
脚長差(きゃくちょうさ:左右の足の長さの差)で肩が左右にゆれる事はありません。


通常、片足で立った時に骨盤と肩は床に平行になり、身体はまっすぐ立てます。



歩く時は、片足立ちの連続になりますので、片足立ちでまっすぐ立てることが重要になります。



歩く時に肩が左右にゆれる方の場合、ほとんどは肩がゆれるというより骨盤が左右にゆれているのです。
これは片足立ちをしている足の中殿筋の働きが悪いからです。


骨盤が左右にゆれるのには2つのパターンがあります。


【パターン 1 】
片足に体重がかかったときに矢印のように骨盤が外側にゆれてしまう(同時に骨盤が挙上すること多い)パターンです。(下図)



その結果、バランスを取るために肩がゆれてしまうのです。



【パターン 2 】
片足に体重がかかったときに矢印のように骨盤が内側(反対の外側)にゆれてしまうパターンです。(下図)



その結果、バランスを取るために肩がゆれてしまうのです。



この2つのパターンを改善させる方法はありそうです。



次回、改善方法について考えてみたいと思います。







変形性股関節症を怖がらないでね









宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!


6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡2014年か2015年に福岡店開店予定です。
福岡の理学療法士を育成中です。
その後は、柔道整復師を育成したいと考えています。

■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
2013年4月大阪店を開院しました。
次には理学療法士を育成したいと考えています。

■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ

■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!

2014年4月から浜田先生デビュー!

■仙台理学療法士を育成中です。
患者数は増えてきました。
育成中の理学療法士と一緒に仕事ができるかどうかはまだわかりませんが、深圧研修にも参加いただいています。

■札幌随分患者数が増えています。
理学療法士、柔道整復師募集中です!

※深圧に興味のあるプロの方は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。