深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

Nさんの経過

明日3日は早めに仕事を終えて銀座ベルビア館地階下1階『バグースプレイス』で浜田先生の歓迎会の予定です。
このお店は出版記念パーティーで初めて利用するお店ですので、下見も兼ねています。
今回は小さな個室で、ゴルフシュミレーションがある部屋のようなんです。

5月に私の新しい本が出ますと浜田先生の予約も埋まってくると思います。
今ならご希望日時の予約が取れます。










Nさんは、1997年に外反骨切り術(がいはんこつきりじゅつ)という自骨手術を受けています。
今から17年前です。
この手術は、股関節自体には行わず大腿骨をくさび状に切って股関節の安定性を出させる手術です。


このレントゲンの写しは2005年の状態です。

骨の状態はいわゆる“末期”の状態です。
矢印のところには骨棘(こつきょく)と呼ばれている、トゲではない屋根ができています。

大腿骨の方に線があり「外」と書かれた部分に外反骨切り術が行われています。



Nさんの経過を簡単に書くと、


手術前は杖なしで歩けていました。
手術後は杖が必要になりました。
術後8年後から深圧を始めました。(深圧歴9年)
最初のうちは月1回でしたが、すぐに2ヶ月に1回となり、現在は半年に1回のペースです。

杖は術後12年後、深圧開始後4年目ではずれました。
現在杖なしで、痛みは歩き過ぎた時に左殿部に少し出る程度となっています。


手術後17年。
Nさんは17年歳を重ねましたが、この17年間Nさんの能力はどんどん改善して来ました。  


今後、Nさんは人工股関節の手術は必要ないと確信しています。


同じ頃、自骨の手術をされた手術仲間の方は、術後8年で人工股関節手術を受けられたと聞きます。


手術後の股関節を長持ちさせるために重要なことは、手術後の痛みの具合だけでなく、もちろん《運》でもなく、いかに股関節を守ってくれる股関節周りの筋肉群の柔らかさ(力を抜いた時の柔らかさ)を保つことです。
決して、筋肉を硬くする方向に筋肉を収縮させる筋トレだけではありません!



その理由は、股関節周りの筋肉群が日常生活時に股関節に加わる衝撃を吸収しているからです。
この基本的ルールは、人工股関節の方や未手術の方、つまりすべての股関節症の方々に当てはまる考え方です。



もう、筋トレ一辺倒の時代は終わりにしましょう。

そして、運まかせの時代も終わりにしましょう。







変形性股関節症を怖がらないでね









宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!


6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡2014年か2015年に福岡店開店予定です。
福岡の理学療法士を育成中です。
その後は、柔道整復師を育成したいと考えています。

■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
2013年4月大阪店を開院しました。
次には理学療法士を募集したいと考えています。

■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ

■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!

2014年4月から浜田先生デビュー!

■仙台理学療法士を育成中です。
患者数は増えてきました。
育成中の理学療法士と一緒に仕事ができるかどうかはまだわかりませんが、深圧研修にも参加いただいています。

■札幌随分患者数が増えています。
理学療法士、柔道整復師募集中です!

※深圧に興味のあるプロの方は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。