深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節の栄養

最近暑くなりました。
半袖が似合う季節になりました。
今年は派手な色のポロシャツを着てみたいと思います。



股関節周囲の筋肉、靭帯、軟骨、骨などの組織は全て生きています。

組織が生きていくには栄養が必要です。

皆さんの栄養は血管内に供給されます。
したがって、血液や血液から供給された関節液が正常に行き届いていれば骨や軟骨は正常なまま生きられるはずなのです。



変形が起きる場合、何かしらの影響で栄養が行き届かないことが考えられます。


その一つが血管が詰まることであり、もう一つは関節内圧迫が強まって軟骨に栄養が行かないこと(軟骨軟化症)です。



股関節の血管は、人体の中でも非常に弱いという特徴があるので、完全に防ぐことは無理かもしれませんが、血流を良くして関節液が十分関節内に行き渡るように医療従事者が指導しないといけないと思うのです。


下の図で、左2つの図は正常な筋肉のときの関節の圧迫と弛緩状態を現しています。
この状態なら、軟骨にも栄養が行き渡ります。






しかし、筋肉が病気になると骨盤側の骨に大腿骨が引き寄せられます。
その結果、軟骨が圧迫を受けていることを示しています。
もしも、この軟骨が人工股関節の人工軟骨だったら、もしもこの軟骨が自骨手術を受けた方や、手術をされていない方々の軟骨だったら…。
栄養不足と摩擦力の増加で長持ちしにくい股関節内環境となります。



この状態は筋肉の病気が治るまで続きます(常時関節圧迫)。



筋肉を柔らかく緩めることには、血液循環を改善でき筋肉の短縮によって起こっている関節圧迫を改善できるので骨や軟骨に栄養が十分行き渡るようにする基本と考えています。



この詳細も本の中に書かせて頂きました。

股関節を現状のまま長持ちさせるよ!

  amazon









変形性股関節症を怖がらないでね









宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!


6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡2014年か2015年に福岡店開店予定です。
福岡の理学療法士を育成中です。
その後は、柔道整復師を育成したいと考えています。

■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
2013年4月大阪店を開院しました。
次には理学療法士を育成したいと考えています。

■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ

■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!

2014年4月から浜田先生デビュー!

■仙台理学療法士を育成中です。
患者数は増えてきました。
育成中の理学療法士と一緒に仕事ができるかどうかはまだわかりませんが、深圧研修にも参加いただいています。

■札幌随分患者数が増えています。
理学療法士、柔道整復師募集中です!

※深圧に興味のあるプロの方は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。