深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

もも上げと脚の振り出しと




大阪店にいます。
今回は来週和歌山の龍神に2泊してから高松へ向かいます。
大阪店、山中院長頑張ってます可愛がってね❤




ももを上げたり、脚を振り出そうとする時は一般的には主に身体の前の方にある腸腰筋や大腿直筋が働きます。

従って、私達も腸腰筋や直筋の働きを正常化させようとして腸腰筋や大腿直筋を深圧します。



もも上げや脚を振り出すという動作時には必ず膝が曲がります。
従って膝を曲げやすくしてあげることも意外と効果があると感じています。


では具体的にはどの筋肉をほぐしてあげれば良いのか?
それはももの裏にあるハムストリングスという筋肉です。


皆さんはどのような対応をすればいいのでしょうか?

その方法です。

椅子に座れる方は、椅子に腰掛けた状態でももの裏にテニスボールやソフトボールを置いてももの重さでももの裏をほぐすとよいでしょう。

椅子に座れない方は、寝た状態でももの裏にテニスボールを置いて(タオルなのでボールの高さを少し高くしてあげたほうがよいと思います)ももの裏をほぐしてあげればよいと思います。


ももの裏といっても上のほうもあれば下のほうもある。


膝を曲げやすくすることが目的ですので膝関節に近いももの裏の下のほうが効果的です。
もちろん、上のほうもほぐすと更に効果的だと思います。



ももが上がりにくい、脚が振り出しにくいという原因はもっといっぱいあるのですが、ももの裏の下のほうもほぐしてみてはいかがでしょうか?


ももの裏の下の方とはどこなのか?
もっと具体的に書くと、ももの裏の最も下は膝の裏になります。
そこから10cm上の部分です。
ここには外側と内側にハムストリングスが2本通っています。
外側を通るのが外側(がいそく)ハムストリングス、内側を通るのが内側(ないそく)ハムストリングス。

ももの裏をほぐすときは、内側から外側にかけて時々ボールの位置を動かしながらほぐすと良いと思います。



実はこの方法は膝の痛い方に効果的なんです。









変形性股関節症を怖がらないでね





  ■宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!

     ■渋谷区周辺の方は芦沢先生にご相談ください!






6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 新しいスタッフが決まりました。
         博多店店舗準備できました!
         九州の皆様、サポーターとしてご協力お願いいたします!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
        2013年4月大阪店を開院しました。
        山中院長の人気急上昇です。
        新しいスタッフを募集中です。


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ


■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
        新しいスタッフ候補者がいます。
        次の段階に備えて、もう一部屋借り増しすることも考えています。


■仙台 
        理学療法士の先生を育成中です。
        素晴らしい先生なのでそろそろ最終的な指導を始めます。
        その先生の動向に合わせて仙台店の店舗を準備します。


■札幌 随分患者さんが増えています。
        柔道整復師、理学療法士募集中です!
        福岡、仙台の見通しがつけば、本格的にスタッフを探し始めます。
        


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています