深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節の診療を変える! 5

東京は春になりました。
2月のはじめに鹿児島の律子さんに味噌汁の重要性を教わりました。
そういえば、私はあまり味噌汁を飲んでいませんでした。
それから毎日味噌汁を飲むようになりました。
途中、NHKが『腸内フローラ』と言う番組を放映しました。
腸内細菌が多く暮らす環境(腸内フローラ)を改善すると体質は変えられると考えています。
今は、チョコレートとピーナッツのアレルギーを克服できそうな感じになっています。
最近、チョコとピーナッツを少し食べ始めているのですが、お腹の激痛は出ていません。
右手の腱鞘炎もピークを過ぎてかなり改善しました。
そんなわけで私は非常に元気です。

皆さんも元気にお過ごしください!







『変形性股関節症は進行性の病気です。』

病院の先生方だけでなく、日本ではこの病気は進行性だと考えられています。


股関節の診療に問題が多い全ての根源はこの考え方なのです。




変形性股関節症は進行性の病気ではありません。

その証拠については赤い本の中に多くの症例を示しながら書きました。














『変形性股関節症は進行性の病気です。』という考え方に医学的根拠は無いでしょう。

もしもその根拠となる研究があるとしたら、その研究は必ず『方法』に問題があります。



患者さんを長期間診て、その経過を追っていると真実が見えてきます。



『変形性股関節症は進行性の病気です。』という考えを変えないといけません。



私は、この考え方を変えるべく多くの情報を発信していきます。


皆さんも、もしも『この病気は進行性です。』と言われたら、『先生、その根拠を教えてください。』と聞いてください。


この考え方がくつがえる時代が来たら、患者さんの気持ちは随分と楽になるでしょう。
また、患者さんには多くの選択肢ができるでしょう。

病院も、多くの選択肢を準備しないと患者さんから選ばれなくなるでしょう。



変形性股関節症は、炎症を基本とした病気です。
炎症は放物線状に改善します。

従って右肩上がり状にどんどん悪化していく病気ではないのです!
炎症のピークを迎えると骨の変形は止まり、股関節痛は徐々に改善に向かいます。


私が今までに書いてきた多くの患者さんの情報は例外になるのでしょうか?
こんな多くの例外なんておかしいです。


変形性股関節症は、ピークを過ぎると改善してくる病気なのです!
私は股関節の診療を変える情報や、できるだけ早くピークを乗り越えられえる情報を多く発信し続けます!









変形性股関節症を怖がらないでね





宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!


6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 新しいスタッフ募集中です。(正社員)
         随分患者さんが増えています!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
2013年4月大阪店を開院しました。
そろそろ新しいスタッフを探し育成を始めたいと思います。


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ

■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
そろそろ、浜田先生の次の先生を探し始めようと思います。


■仙台 理学療法士の先生を育成中です。
 患者数は増えてきました。
 育成中の理学療法士と一緒に仕事ができるかどうかはまだわかりませんが、深圧研修にも参加いただいています。

■札幌 随分患者さんが増えています。
柔道整復師、理学療法士募集中です!
2014年12月終了の深圧研修で縁が生まれますように!


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。