深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節痛、もっとわかりやすく。


今埼玉にいます。
昨日から急に暑くなりました。
皆さん、溶けないように頑張りましょう!



🍓股関節痛は基本的には炎症の経過と連動して悪化から改善への経過を示します。


何度も繰り返しますが、この病気は進行性ではありません。
余計な不安を持たないで欲しいと思うのです。


炎症の経過の中で股関節痛は2つのタイプとして現れます。


1、股関節関節包内の炎症と、その影響を受けた筋・筋膜症候群の2種類の痛みを抱えている方。

2、股関節関節包内の炎症が治まり、筋・筋膜症候群だけの痛みを抱えている方。


皆さんの股関節痛は必ず上記の2つのタイプに分かれます。


どちらのタイプの方にも筋肉の病気が起きていますので、私達は深圧で対応しています。

深圧を数回受けても改善しない方はいます。
その方は上記1のタイプになります。




炎症は前期⇒最大期⇒後期と推移します。




上記の1の段階の人は、炎症の前期から最大期の方が多いです。
いずれ炎症のピークを超えますので、それまで筋・筋膜症候群をほぐしで取りつつ炎症を早く取ることを考えると良いと思います。
この時期は、炎症によって関節可動域が狭くなりやすい時期ですので、筋肉の緊張を強めてしまう筋トレよりも、筋肉を緩めるストレッチングが重要になります。
深圧は一種のストレッチ法になります。


この段階の人にタカラバイオ社のアガロオリゴ糖(➕グルコサミン)が効果的だと考えればいいでしょう。


上記2の段階の方は、炎症の後期以降に多いです。
筋肉だけの症状ですので、筋肉を徹底的にほぐすだけでどんどん股関節痛は改善してきます。



今、皆さんの股関節に炎症はあるのでしょうか?



それを明確にするには筋肉をほぐしてみて、その後の改善状況を観察するとわかります。


ところが、最近すごい診断医療機器が開発されました。


まだまだ一般的ではないのですが、次回の記事で紹介します。

私ももう少しこの医療機器について調べて、できるだけ早くその機器が使えないか検討しようと思っています。





変形性股関節症を怖がらないでね





宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!




6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 新しいスタッフ育成中です。
         博多店店舗準備中です!
         九州の皆様、サポーターとしてご協力お願いいたします!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
        2013年4月大阪店を開院しました。
        山中院長の人気急上昇です。
        そろそろ新しいスタッフを探し育成を始めたいと思います。


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ


■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
        そろそろ、新しいスタッフの育成を始めます。


■仙台 理学療法士の先生を育成中です。
        早いうちに、仙台店の店舗を準備します。


■札幌 随分患者さんが増えています。
        柔道整復師、理学療法士募集中です!
        近いうちに札幌店店舗を準備いたします。


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。