深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

軟骨はなぜ減るのか? 2

銀座店の斎藤先生、福岡店の中村先生、猛特訓中です!

斎藤先生は2月デビューです。
中村先生は4月デビューです。

皆さん、よろしくお願いいたします。




私は、このブログの中で股関節痛の原因は2つだと書いてきました。


1、筋肉の病気
2、股関節関節包内の炎症


これは皆さんを長期間診させていただいた結果導き出された真実だと考えています。
軟骨が減る原因も、実は上記の2つの原因と関連しています。

軟骨が減る原因も2つです。


1、軟骨軟化症(炎症が無いときにも起きる)
2、股関節関節包内の炎症



1、の軟骨軟化症は筋肉が病気によって縮むことが原因で起きる軟骨の病気です。

こう列記してみると、股関節痛があるときに連動して軟骨が減っていることがわかります。
従って、股関節痛を改善することは、確実に軟骨が減ることを抑える働きがあるのです。



前回の記事では、軟骨軟化症について説明してみました。
今回は股関節関節包内の炎症と軟骨が減ることの関係について書きます。
     

2、股関節関節包内の炎症

股関節の関節包内に炎症が起きることが変形性関節症の根本原因だと考えています。
では、なぜ炎症は起きるのでしょうか?

それは、股関節を捻挫したことがきっかけかもしれません。

捻挫のきっかけは急に方向を変えようとした時だったかもしれません。
すごく重いものを持ち上げようとした時だったかもしれません。
もしかしたら、転倒やつまづきが原因だったかもしれません。
また、急激なストレッチや筋トレが原因だったかもしれません。

原因がわからないことが多いと思いますが、徐々に筋疲労が蓄積して(累積疲労と呼ぶ人もいます)、軟骨が傷ついてはがれて関節包を刺激して炎症が起きたのかもしれません。



もともと、炎症とは傷ついた組織を治そうとして起こる現象ですので、実は治癒過程には必要不可欠な症状です。

炎症が起きると、次のような物質が股関節関節包内に出てきます。(滋賀医科大学)



(この図では、縦の項目の各種発痛物質、プロスタノイド、サイトカイン、フリーラジカル等の物質が、
   横の項目の血漿、血小板、白血球、マクロファージ、血管内皮、肥満細胞、、角化細胞、線維芽細胞のうちどの組織から出ているのかを示しています。)

炎症が起きると、表のような炎症成分が股関節関節包内に出てくるのですが、これらの成分はまとめて炎症メディエーターと呼ばれています。

この表にもありますが、股関節内に炎症が起きるとサイトカインというタンパク質によって、MMP‐3(マトリックスメタロプロテアーゼ‐3)というコラーゲン分解酵素が産生されます。

このMMP-3が、実は厄介な代物で、人の軟骨成分を構成するコラーゲンやプロテオグリガンを分解してしまい、軟骨細胞を破壊してしまうのです。

MMP-3(岡山大学)




『軟骨軟化症』も『炎症メディエーター』も『MMP-3』も架空のものではありません。
そして、これら軟骨が減る原因は改善予防ができるのです。

その改善策は、股関節痛の原因を改善する方法と同じです。

従って、私達は深圧で筋肉を緩め、炎症が有りそうな方にはアガロオリゴ糖を紹介しているのです。




次回は、血液検査の結果MMP-3が減った方の話を書きます。


つづく





        《 出版物 詳細は画像をクリックで!》   ↓   ↓   ↓
                                












変形性股関節症を怖がらないでね





  ■宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!

     ■渋谷区周辺の方は芦沢先生にご相談ください!






6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 松本深圧院福岡 院長中村雄也 
         2016年4月4日グランドオープン!
         九州の皆様、サポーターとしてご協力お願いいたします!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
        2013年4月大阪店を開院しました。
        山中院長の人気急上昇です。
        新しいスタッフを募集中です。


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ


■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
        新しいスタッフを育成中です。
        次の段階に備えて、もう一部屋借り増ししました。1302号室です。
        また、新しく理学療法士か作業療法士の募集も始めます。


■仙台 
        理学療法士の先生を育成中です。
        その先生の動向に合わせて仙台店の店舗を準備します。


■札幌 随分患者さんが増えています。
        理学療法士、作業療法士募集中です!
        福岡、仙台の見通しがつけば、本格的にスタッフを探し始めます。
        


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています