深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

靴 2

大阪→高松への遠征中です。
今は高松で原因不明の腹痛と戦いながら頑張ってます!



●情報発信の一方法として、Facebookに「股関節痛は怖くない!」のサイトを設けました。
誰でも見る事が出来ます。


暇な時にのぞいてみて下さい。
https://www.facebook.com/kokansetsu.shinatsu


▪️みなさ〜ん、10月1日は銀サロの10周年パーティーですよ!




左右の足の長さに差が出る事を脚長差と言います。

『左右の足の長さに差がある時には、短い方の足の靴の中敷きを高くしたり、靴の踵を高くする』

これは一般的な考え方ですが、ここでも個人差を考えないといけません。


確かに、左右の足の長さをそろえる事は理想かもしれません。
しかし、その結果痛みが強くなる方もいます。

左右の脚長差が発生してから何年経っているかが最も大きな個人差だと考えています。


こうしてはどうでしょう?

脚長差があり、脚長差を感じる方は短い方の足だけに様々な高さのスリッパを履いてみて、最も自然と感じる高さがあれば、その高さの工夫をしてみてはいかがでしょうか?

また、そのスリッパを履いて歩いてみて下さい。
歩くのが楽だと感じたら、それは靴に工夫をしてもよいかもしれません。

さらに、靴に工夫をして外を歩いてみて、自分の体がどのような反応を示すのかをみて下さい。

いつもより歩きやすく、痛みも出づらければ、それは靴の工夫は正解でしょう。




先日、「NHKで正常歩行について説明していたので、そのように歩くようにしてから痛みが出始めた。」という方にお会いしました。
皆さんは、一般的な“正常”を目指すことは良い事なのですが、その前には個人差があって合う人と合わない人がいることを考えてほしいと思います。

いろいろ試したい時は、それをやってみて自分の体がどのような反応を示すかで判断するのが最も賢明な方法だと思うのです。

それが様々な“個人差”との上手な付き合い方だと思うのです。



体調が悪い中での出張はきついです。
皆さんも体調に気をつけて下さいね。




変形性股関節症を怖がらないでね





  ■宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!

     ■渋谷区周辺の方は芦沢先生にご相談ください!






6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 松本深圧院福岡 院長中村雄也 
         2016年4月4日グランドオープンしました。
         九州の皆様、サポーターとしてご協力お願いいたします!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
        2013年4月大阪店を開院しました。
        山中院長の人気急上昇です。
        


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ


■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
        小林先生が7月1日にデビューしました!

                
■仙台 
        理学療法士の先生を育成中です。
        そろそろかもよ!


■札幌 随分患者さんが増えています。
        理学療法士、作業療法士、柔道整復師募集中です!
        仙台の見通しがつけば、本格的にスタッフを探し始めます。
        


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。