深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

整形内科!

10月1日は銀座で「松本深圧院10周年記念パーティー」が開催されました。

多くの方にお集まり頂きまして、誠に有り難う御座いました。

今後とも、松本深圧院グループを宜しくお願い致します。



来週のブログは札幌出張中となりますのでお休みさせて頂きます。

次回の更新予定は10月17日になります。

宜しくお願いします。




以下は私が最近読んだ「THE 整形内科」という医学書の「あとがき」に書かれていた文章です。

とても素晴らしい内容が書かれていたので、そのまま引用させて頂きました。

医学書なので、少し難しい分もあるかもしれませんが、

これからの整形外科が向かっていかなければならに方向を、

ズバリと指し示しています。

是非、読んでみて下さい。

このような考え方の整形外科医が増える事を強く望みます。





身体の声が聴こえますか?

痛みの語りはあなたに届いていますか?




「痛みは気のせいだよ」

「レントゲンには異常がないし」・・・。

とくに医師は、可視化できない、

あるいはデータ化できない「痛み」に目をそむけている事が多くはないか?

「痛み」と聞いても、それを直接見ることができないので、

「何かの薬」を処方し続けることで、お茶を濁してきてはいなかっただろうか?


「痛み」をもつ患者、

「痛み」を扱う治療者に新たな時代がきた。

「痛み」と治療の可視化である。

エコと生食による筋膜リリースは、軟部組織の痛みを可視化し、それを患者と共有することを可能にした。


本書でご覧になったとおり、ある場合は非常に速いスピードで痛みの部位を示し、

直接(しかも、時には生理食塩水の)注射で痛みが治っている。

または痛みの語りを真摯に受け取って、施術や対話により、たいへん丹念に痛みと心を解きほぐしていっている。


身体の痛みは、少なからず心の痛みを伴い、

心の痛みは、身体の痛みに投影され、

それが理解されないときは、まるで筋膜がはりついて重積していくがごとく、身体も心も硬くなっていく。

目の前のエコー画像は、時に生活や人生における「痛みの歴史」をそのまま示すように見えることがある。

エコーで診ながらの筋膜リリースでは、しばしば目の前で、筋膜がぱらぱらとはがれていくのが見える。

その人の痛みの歴史が、ひも解かれて、解読されていくかのように。

そうして痛みが楽になっていくのとともに、心も解き放たれていく。


身体の治療と対話、

「丹念に聞き、ともに見て、施術すること」は、

医療者側にとってみれば「治療」であるが、

患者様にとっては「細やかに、はがされ、ほぐされること」を意味する。

患者様はいう。

「筋膜リリース」は楽にもなるけど、

「やっぱり痛いんだ」ということを認めてもらえたことが何よりも楽になる、と。


『THE整形内科』は、医療者にとって、

あらためて「患者様の痛み」にひとつひとつ寄り添える時代の到来を告げている。

患者と医療者とが、

同じ地平に立って、

知見と所見を共有し、

協力し合って治療できる「真のパートナーシップの実現」が本書の隠れたテーマである。

古屋 聡






私も、この先生と同じ気持ちを持って、日々の施術をしていこうと思います










股関節の不安を一緒に取り除きましょう