深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

最新の筋肉治療法は、これだ!!

「筋肉が落ちてしまったから、痛いんです。

 筋トレして筋肉をつけなて痛みを取らないと。」

と言うのは、日本の常識であり、

世界の非常識でもあります。


残念ながら医学の、あらゆる分野で最先端を行っている国よりも、日本は遅れています。

逆に日本が最先端を行っている分野もありますが、それはわずかです。


一番最初に書いた筋肉の考え方は、世界から遅れを取っています。



例えば

「歩き始めて10分は歩けるんですが、10分経つと、そこからは痛みが出て歩けないんです。

 だから家では筋トレを頑張ってます。」

「階段も最初の5段は一歩一歩上がれるんですが、それ以降は足を揃えながら出ないと上がれません。

 だから足上げの筋トレを毎日やっています。」

と、言う方が多くいらっしゃいます。


この考え方は古来から言われてきた日本の伝統的な思考であり、

現代医学に置き換えると、かなり古い考え方になっています。


最近はテレビで健康番組が多く流され、皆様もよく見ていると思います。

そこには必ず

「最新の〇〇〇治療!」

みたいなフレーズがありますよね。


皆様もそこを知りたくて健康番組を見ているんだと思います。


それと一緒です。

「最新の筋肉の痛み治療!!」

筋トレではありません

ストレッチです

もっと言うのであれば、準備体操の時に行うようなストレッチではなく、

ボールや棒を使って、直接筋肉を押すストレッチです


筋肉は疲労が溜まると肩こりのように筋肉が固くなります。

これは肩に限った事ではありません。

体中のどの筋肉にも言える事です。


慢性的に筋肉の痛みを抱えている方は、

痛みがない人の筋肉の70%程度しか筋力が発揮できていません


痛みがない人は筋肉を100%発揮する事が容易に可能です。

しかし、慢性的に痛みのある方は、筋肉が病気になっている状態なので、

痛みがない人と同じ量の筋肉を持っていても、100%の筋力発揮は難しいのです。


ここがポイントです。

痛みがない人と、痛みがある人で、同じ量の筋肉があるのに、それを発揮できるか、できないか差が出てしまうのです

では、どうしたら良いか?

痛みがある人は筋肉の量を増やすのではなく、

今持っている、痛みがない人と同じ量の筋肉を使って、100%その筋力を発揮できるようにすることが大事です



つまり、筋トレではないということです。

筋肉をほぐして、今持っている筋肉の量で、100%の筋力発揮を出来るようにしていきましょう





夢はポケモンGOは、やっていません






股関節の不安を一緒に取り除きましょう