深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

関節と筋肉の関係!(イチロー選手談)

先月、テレビニュースの「報道ステーション」のスポーツコーナーで、

メジャーリーガーのイチロー選手と、野球解説者の稲葉さんが対談する特集を2夜連続で放送されていました。

観られた方も多かったのではないでしょうか?



対談の中でイチロー選手が、興味深い話をされていました。

その内容は、

稲葉  「筋トレで身体を大きくして、それを活かすことが流行っているけど、どう思う?」

イチロー「いやいや全然ダメでしょ。

     自分の持って生まれたバランスを崩したらダメですよ。

     筋肉が大きくなっても

     支えている関節や腱は鍛えられない。

     だから筋肉の重さに耐えられなくなって関節が壊れちゃう。

     当たり前の事なんです。」


どうでしょうか?

この内容。

つまり、自分のバランスを崩すような筋肉トレーニングをする事は、逆効果になると言う事です。

股関節症の方に例えるのであれば、

「筋トレ!筋トレ!」

とガムシャラに筋トレを頑張っても、

その結果、股関節が耐えられなくなって、変形や痛みを助長させてしまっている可能性があると言い変えられます

それは人間の身体にとって、当たり前の事と言っています。


どう思われますか?

私が言っているより、イチロー選手が行った方が、何だか真実味がありますよね!?


関節や痛みを治すためには、筋トレをしましょう!

と言うのは、間違っているケースが、多いのが日本の現状です。

筋トレが「悪」ではないのですが、筋トレをするにも身体にとってのタイミングが非常に重要なのです。


痛みがある方は、筋トレをする時期ではありません。

まずは筋肉が正常に伸び縮みできる質に戻す事が「肝」です。

適切なタイミングで、適切な対応をして、症状を改善させていきましょう






夢は、何かを見つけたのかな?








股関節の不安を一緒に取り除きましょう