深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

みんなでナルシストになろう! パート2

ゴールデンウイーク、いかがお過ごしでしょうか?



前回に続いて、

鏡を見て自分の姿勢をチェックしよう。の2回目です。

前回は前から見た姿勢を説明しました。

今回は真横から見た姿勢を観察してみましょう。



正面からと同様に天井から1本の糸を垂らした状態を想定し、

その線上に身体の、どの部分があると正しい姿勢なのかをチェックしていきます。




上から順にチェックポイントを書いていきます。

耳たぶ。

肩の一番外側に出っ張っている骨(肩峰)。


丸で囲んだあたり。

矢印のところが肩峰。


股関節の一番外側に出っ張っている骨(大転子)。


膝のお皿の裏。


縦線を書いたところが、お皿の裏。


外くるぶしの2~3cm前。

以上の部位が線上にある状態が、横から見た時に正しい姿勢になります。


股関節症の方は、耳たぶや肩峰、膝のお皿の裏が、線よりも前に出ている方が多いです。

是非、前回の正面からと一緒に横からの姿勢をチェックしてみて下さい。

今まで気がつかなかった、意外な発見があるかもしれません。


そして、姿勢の異常に気が付いたら、その後は日常生活の中でいかに正しい姿勢を意識して過ごせるかが勝負になります


正しい立ち姿勢が取れるようになることが、正しい歩き方になるための第一歩です。

頑張って意識していきましょう。





夢の舌がペロッ








股関節の不安を一緒に取り除きましょう