深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

人が痛みを感じている時に、とる行動は何か!?

一カ月くらい前のブログに3kgダイエット宣言をしました。

一カ月経ち、2kg痩せて年末年始休暇前の体重には戻りました。

残る1kgは、去年達成できなかった1kgです。今年は、なんとか早い段階で達成したいです!




来週は札幌出張中のため、ブログをお休みさせて頂きます。

次回ブログ更新は3月2日を予定しています。

宜しくお願いします。




私はFacebookをしています。

そこで友人Aさんが、膝の痛みが出たと言う事を投稿しました。

それに対して、Aさんの友人達は「筋トレした方が良いよ」とさかんに筋トレを勧めていました。

私は、この光景に結構な衝撃を受けました。




日常の生活の中で、ちょっとした動きの瞬間に、身体のある部分が

「あっ!痛っ!!」

と、痛みが瞬間的に走った経験は誰しもあるものだと思います。


この時、皆様は、どうしますか?

その痛みが走った部分を、さすったり、もんだりしませんか?


例えば膝に痛みが走ったとしましょう。

その時に、すぐさま近くのベンチに座り、膝を伸ばす筋トレを「1、2・・・」と始める人は、いないと思います。



人は痛みを感じた時に、さすったり、もんだりと、マッサージをするものです。

なのに股関節や膝関節に痛みを抱えている方々は、どうして痛いから筋トレ!筋トレ!と言うように考えてしまうのでしょうか?

勿論、その背景には、お医者様がそのように指導している事もあると思ます。

しかし、これは誤った「思い込み」です。

決してそのような事は、痛みの軽減には繋がりません

もし過去に筋トレで痛みが無くなった経験がある方がいらっしゃったら、それは申し訳ありませんが、たまたまです。

おそらく筋トレをせずに放置しておいても結果は同じように、治まる痛みだったはずです。



痛い時は、その部位の筋肉をマッサージしましょう。

そして筋トレをしたい方は、痛みが取れた時が、そのスタートの合図です。


誤った「思い込み」から、意識を変えて行く事が、痛みを取る近道です

「筋トレ!筋トレ!」の時代はプロのスポーツ業界でも、我々のリハビリの世界でも、もう過去のお話です。












股関節の不安を一緒に取り除きましょう