深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

腰はどこ!?お尻はどこ!?

先の話ですが5月25日(月)に名古屋の早川先生が初めて、出張で富山に行きます。

北陸で深圧の施術を希望される方は、名古屋店へ問い合わせをしてみて下さい。

宜しくお願い致します。




「股関節が痛いのは勿論ですが、腰も痛くて」

と、お話になる方は、当院にお越しの方の中でも多くいらっしゃいます。

「腰は、どの辺が痛いのか実際に触って教えて下さい」

と、お願いすると

「この辺なんです」

と、痛い場所を触って頂きます。

すると、多くの方が、お尻を指差します。

「えっ?そんな事、ありえない」

と思う方も多くいらっしゃると思いますが、

これは私もビックリするぐらい、珍しい話ではありません。

意外と、の位置をお尻だと思っている方が多くいらっしゃいます。


お尻とは、お尻の「ほっぺ」と言われる、膨らんだ部分を指します。



そしては、肋骨と骨盤の間の「くびれ」の部分を指します。

水色の斜線部分がで、ピンクの斜線部分がお尻です。



本当はお尻が痛いのに、整形外科へ行って

が痛いんです」

「じゃあ、のレントゲンを撮りましょう」

では、異常が見つかる分けはありませんよね。

ご自身の痛みがなのか?お尻なのか、しっかりと理解して行く事は痛みの原因解明に、とても重要です。


また、

「股関節は全然痛くないんです。お尻が痛くて」

と言われる方もいらっしゃいます。

この場合、股関節の場所を指していただくと、足の前側の付け根を指されます。

いわゆるソケイ部です。

このような方々の考えは、股関節は前側(ソケイ部)であり、

お尻は股関節ではない(股関節とは関係ない)と言う考え方になります。


これも、大きな間違いです。

確かに股関節は、お尻よりもソケイ部に近い前側にあります。

しかし、股関節の後にはお尻が位置します。

つまり、お尻も多大に股関節の影響を受ける、股関節周囲の筋肉だと言う事が出来ます。


上記2点について、しっかりと理解しておくことは、意外と大切なのです






凝視









股関節の不安を一緒に取り除きましょう