深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節症の悩みの種「靴下」と「爪切り」!

来週はGWのため、銀座店も4日(月)5日(火)と休みを頂きます。

そのため、このブログも来週はお休みとさせていただきます。

宜しくお願いします。



当院にお越しの方で、多くの方が抱えている悩みに、

「靴下を履く」

「ストッキングを履く」

「靴を履く」

「爪を切る」

と言う動作が挙げられます。

どれも、手をつま先まで伸ばす動作です。



股関節症の方が、この動作が難しくなってしまう原因は、いくつかあるのですが、

一番は股関節の曲がる角度(膝が胸にどれだけ近づくか)に影響されます。

それは皆様も感じられている部分だと思います。


では、上記の動作が、どうしたら改善されるのか。

単純な話、股関節の曲がる角度(屈曲)が改善してくれれば解消されるはずです。

そこで、股関節が曲がるように

膝を胸に引き付ける練習をしたり、

ソケイ部(股関節の前側の付け根)が詰まる感じがするから、そこをマッサージしたり、

お尻や、ももの裏が伸びない感じがするから、そこをストレッチしたり、

と、いろいろなやり方で自己ケアをしている方も、いらっしゃると思います。

勿論、やり方は間違っていませんし、その努力を怠ってしまっては、改善は見込めないでしょう。


でも、上記のような事だけでは不十分です。


股関節が曲がらないから、股関節だけに目が行ってしまうのは仕方ないのですが、人間の身体は複雑にできています。



本日のブログのポイントは、こちら!

「骨盤が後傾(後ろに傾く)しなければ、股関節は曲がらない!」

骨盤の後傾とは、下の写真の水色の矢印の方向に骨盤が倒れる事です。



どういう事かと言うと、

股関節が6度曲がる為には、骨盤は1度後傾しないといけないのです。

つまり、

股関節が12度曲がるには、骨盤は2度後傾に、

股関節が18度曲がるには、骨盤は3度後傾に、

股関節が90度曲がるには、骨盤は15度後傾しなければなりません。

(上記の数値は厳密ではありませんが、おおよそで分かり易く書かせて頂いています。)


さて、皆様の骨盤は後傾の動きが出来るでしょうか?

一番、確認しやすいのは、背もたれに、よっかからないように椅子に座って、

そこで骨盤を立てたり(前傾)、後ろに寝かせたり(後傾)する事によって、骨盤の前傾・後傾が出来ているか確認ができます。

前傾は、背すじを伸ばした姿勢、後傾は猫背にした姿勢というイメージでも良いかもしれません。


自分はあまり後傾が行かないかも。

と言う方は、上記のように椅子で骨盤の前傾・後傾の運動をするのも良い練習です。

また、もっと良いのは、バランスボールをお持ちの方であれば、その上に座って、椅子と同じ動きをすると、より効果が出やすいです。

是非、チャレンジしてみて下さい

くれぐれもバランスボールから落ちないように気をつけて下さい。






夢は、そんなにしがみつかなくても、そこからは落ちないよ








股関節の不安を一緒に取り除きましょう