深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

骨盤の過度な前傾は、何故悪い?part 2

前回に続き、骨盤が前傾した姿勢によるデメリットを挙げていきます。

骨盤前傾


今回の記事を一言で言うと、

「非効率的」「エコではない」

と言ったところです。


それでは、詳しく書いていきます。


骨盤が前傾していると、股関節周囲の筋肉が過剰に働いてしまう事になります。

具体的には、

大殿筋(お尻の筋肉)



骨盤が正しい位置にある方は、通常の歩きでは、持っている力のうちの49%の力が使われます。

それが、骨盤が前傾している方は、93%の力を使って歩きます。

かなり100%に近い力を出して頑張っている事になります。

これは、いかにも疲れそうですね。


中殿筋



①と同様に、通常では40%の力のところ、

骨盤が前傾すると64%の力を使って歩きます。

1.5倍の力を必要とします。

股関節症の方は中殿筋が弱くて、歩くと横に揺れると言われることが多いですが、

中殿筋が弱いのに、実際にはかなりの力を使って歩いていると言えます。


大腿筋膜張筋



通常は28%の力のところ、

骨盤が前傾すると59%の力を使って歩きます。

倍の力を使って歩いています。


①~③を見て頂いて分かるように、骨盤が前傾する事で、これだけ筋肉に負担が掛かっていると言う事です。

これでは、筋肉もすぐに疲れてしまいますよね。

疲れが溜まれば、筋肉が固くなり、痛みにも直結します。

また、疲れてしまえば持久力はなくなり、長距離を歩く事が困難となってしまいます。


骨盤が正しい位置にある方が歩いた時に、持っている力の50%以上の力を必要とされる筋肉は「腓骨筋」だけです。

水色の線で囲んだ筋肉が「腓骨筋」


他の筋肉が50%を超えると言う事は、その筋肉はエネルギーの消耗が激しいと言えます。



長距離歩くためには、筋肉が疲れないようにしないといけません。

エコな歩行を目指すためにも、立っている時や、歩く時に、骨盤を後傾させる意識を持つ事が、とても大切です。

骨盤後傾


(骨盤を後傾した時に痛みが出る方は、無理をしないで下さい。

 その前に、筋肉を柔らかくして痛みを取ることが先になります。)


解決策は、前回のブログ「part 1」に参考になる程度ですが、書いてあるので、そちらをご覧ください。


骨盤は、少し前傾するだけ、少し後傾するだけで、使われる股関節周囲の筋肉が、すぐに変わってしまうから要注意です





犬の骨盤は超!過度の前傾です







股関節の不安を一緒に取り除きましょう