深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

QOL(Quality Of Life)!

あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。



今年からYou Tubeに松本深圧院のスタッフの映像がUPされています。

是非、皆さん探してみて下さい。






QOL=キュー オー エルと読みます。

そのままですね。

QOLは略語ですので、正式名称はquality of life=クオリティー オブ ライフと読みます。

聞いたことがあるでしょうか?


現在のリハビリテーションでは欠かす事の出来ない言葉です。

リハビリを行っていくうえで目標となります。

また施術者側から言うと、QOLを常に意識して施術にあたらないといけません。


一般的な訳では「生活の質」と言われます。

「生命の質」「人生の質」と捉えても良いと思っています。


QOLはトータル的な目標です。

細かく分けると、4つの要素があると思います。

①生活行動能力

食事・更衣・整容・排泄・入浴・家事・外出・金銭管理。

②主観的健康度

・自分の健康状態や体力に対する満足度(生き生きと活動的であるか)。

・家族や周囲の人々との関係の満足度(ストレス・自己実現)。

③人生満足度(幸福度)

・自分の人生や生活に、どの程度、満足しているか(歩んできた人生・今置かれている環境)。

・生きがい。

④生活環境

・人的(家族・友人)。

・物的(住宅・地域・公共交通機関)。

です。

中でも最も重要と考えられるのが③です。


③の人生満足度とは、

・日常生活の様々な活動に喜びを見いだせているか。

・人生の目標を叶えられているか。

・人生は意義があると感じているか。

といった要素が大きく左右してきます。


人生満足度が高いと、

・ポジティブになれる。

・楽観的である。

・ストレスを感じにくい。

状態になります。


上記①~④はそれぞれが個別に存在しているわけでなく、各要素が相互に関連しあいながらQOLを構成しています。


当院スタッフが積極的に関わっていけるのは①の生活行動能力です。

生活行動能力の改善は他の②~④にも影響を与えて行く事が出来ます。

それがQOLの向上に繋がると考えています。

生活行動能力を低くしてしまう要素の1つに「痛み」が挙げられます。

痛みを緩和し、生活行動能力が向上すれば②の主観的健康度を向上できると思います。

我々にとって難しいのは④の生活環境です。

この点は、施術でどうこうではなく、施術中の会話の中でアドバイスなどをして向上が図れるのではないかと考えています。

このようにして①②④が向上してくれば、相互作用で③の人生満足度も向上し、QOLの向上へと繋げていきたいです。



是非、年初めに「QOL」と言う言葉を覚えて頂き、2014年の目標の1つに「QOLの向上」を掲げてみてはいかがでしょうか?

私達に、そのお手伝いをさせて頂けると幸いです。

今年も、どうぞ宜しくお願い致します






夢はこの寒さで、妹の胸の中に納まっています。カンガルーみたいですね







股関節の不安を一緒に取り除きましょう