深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

街中で人の歩き方を観察。

6月から約半年かけて、お送りしてきました「歩行シリーズ」も今回で1度終了です。

最後は、どんな話題でしょうか?






「暇な時は喫茶店に入り、窓側に座り人間観察をしています」

と言う方も、結構いらっしゃるものです。

ファッションや行動など、人それぞれ個性があるから、それを見ているのが面白かったり、飽きないのだと思います。


私も理学療法士の学生の頃は、先生から

「日頃から人の動きをよく観察しなさい」

と言われたものです。


勿論、今は股関節症の歩き方を見させて頂くことが多いわけですが、

街中で見ている他人の歩き方と、股関節症の方で大きく違うな。

と気づく点があります。


最近このブログで話題にしている

「親指で地面を蹴る」

というところに繋がるのですが、


地面を蹴る時に足の指の付け根が曲がっているか否かに、違いがはっきりと見られます。



街中で歩いている方のほとんどは、

指の付け根が、大きく曲がります

下絵の線の部分です。


これが股関節症の方は、曲がりが非常に少なく、靴の線の部分に、シワがよりません


それは、足の指で地面を蹴れていないと言う事になります。


一歩一歩、足の指がしっかりと曲がるように意識すると、親指で蹴り易くなります。


是非、試してみて下さい






さて、冒頭でも書いた通り、ここで長きに渡った「歩行ブログ」は閉店ガラガラです。

来週からは、いったい何を書こうか・・・。

このブログが、何処へ向かうのか・・・。

わかりませんが、読んで頂いている方のタメになる内容を書いていきたいと思っています。

楽しみにしていて下さい。






夢は人の足の上で熟睡中









股関節の不安を一緒に取り除きましょう