深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

筋肉を使った歩き方は正しいか?

歩行とジェットコースターには、共通点があります。

何でしょうか?






ジェットコースターは、高い場所から一気に坂を下って、その勢いのまま、また坂道を登ります

実は、歩いている時に、これと同じことが人間の体の中でも繰り返されています。


人間の重心の中心は骨盤にあります。

歩行中に骨盤は上下動を繰り返します。

よく分からない方は、実際にやってみましょう。


まず、片足立ちをしてみます。難しい方は、直立姿勢でも結構です。

この時の骨盤の位置を覚えておいてください。


そこから、片足立ちの場合は、浮いてる足を前に1歩踏み出します。

直立姿勢の方は、どちらの足でも良いので片足を前に踏み出してみて下さい。

さて、骨盤の位置はどうなったでしょう?


最初に覚えて頂いた位置よりも、骨盤が下(地面に近く)になっていますよね?


歩行中も片足で立っている時は、骨盤が高い位置にあり、両足が地面に着いている時は骨盤が低い位置に来ます。

骨盤は、この上下動を繰り返していると言う事です。


ジェットコースターは坂を下った勢いで、その後の坂道を上ります

「勢い!」です。

骨盤も同じです。

骨盤が低い位置に下がった勢いを利用して、高い位置に戻ります。

これは重力によって、前に進む推進力を得ていると言えます。


もしも骨盤の上下動をせずに、一定の高さで歩いた場合は、何を利用して推進力を得なければならないでしょう?


それは筋肉です。


通常は重力がメインで筋肉は補助的に使われなければならないのが、

重力を利用せずに、全て筋肉推進力をまかなったら、筋肉はどうなるでしょう?


早期に筋肉が疲れてしまい、長距離の歩行は難しくなることは容易に想像できると思います。


歩くとすぐに疲れてしまう方や、長距離歩行が難しい方は、このような身体の使い方をしているかもしれません。


重力を有効利用して、筋肉にとってエコな歩き方を目指しましょう








最近「夢」が登場しない状態が続いていて、楽しみにさてている方には申し訳ありません。

ブログ設定上のトラブルから写真が載せられないでいます。

復旧まで、もうしばらくお待ちください








股関節の不安を一緒に取り除きましょう