深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節症の方が硬くなりやすい筋肉「大内転筋」!

施術において内転筋を押させてもらっていると、

「普段は、全く痛みを感じないのに、そこを押されるとかなり痛いです」

と言われることが多くあります。

内転筋は、

長内転筋

短内転筋

大内転筋

薄筋

恥骨筋

が挙げられます。

これらの内転筋は、自覚症状として痛みを感じにくいと言う性質をもっています。

しかし、実は筋肉は良い状態では無い事が多く見受けられます。


その中でも「大内転筋」がこっている方が多くいらっしゃいます。


前から見た絵。

黄色が「大内転筋」

後から見た絵。

黄色が「大内転筋」

太ももを内側から見た絵。

黄色が「大内転筋」


何故「大内転筋」が硬くこってしまうのか?


お尻の筋肉がうまく使えていない、

あるいはお尻の筋肉が働ける質にない状態が大きく影響しています。


何故か?


お尻にある筋肉は、股関節を後に伸ばす動き(伸展)の時に活躍します。



しかし、お尻の筋肉の質が悪い方は、股関節の伸展をお尻で行う事が出来ないために、他の筋肉にお願いせざるを得ません。

その代わりに股関節伸展の役割をになうのが「大内転筋」になります。


一般的に医学書を見ても「大内転筋」の働きは、その名の通り股関節を内側に動かす「内転」とだけ書いてあります。

しかし、解剖学的に「大内転筋」の位置関係を見てみると、股関節の伸展の働きもあわせもっている事は、間違いありません。

ただ、正常な状態であれば、股関節伸展の主役は、やはりお尻の筋肉であり「大内転筋」は脇役の存在です。


例えば歩く時に、股関節は曲げ伸ばし(屈曲と伸展)を繰り返して身体を前に移動させていきます。

しかし伸展の際にお尻の筋肉が働かないために「大内転筋」で伸展を行います。

このような歩行の繰り返しにより、お尻の筋肉の質が悪い影響を受けて、

他の「大内転筋」への負担が過負荷となり、「大内転筋」も疲労困憊で硬くなってしまうわけです。

内ももは普段、意識することの少ない筋肉ですが、足の血流にも大きく影響を与える重要な筋肉です。

お尻の筋肉とあわせて「大内転筋」も良い状態にして、股関節の伸展の動きをスムーズに出していきましょう







夢は若さいっぱいで夏を乗り切ります










股関節の不安を一緒に取り除きましょう