深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

歩く時の足の向きは、どっち?

皆さんから、

「正しい歩き方を忘れてしまって、どうやって歩けばよいか分からないんです」

という質問を受ける事が多々あります。

足に痛みや異常を感じずに歩いていた頃は、無意識で歩いていたはずですから、

正しい歩き方を思い出そうとしても、難しいのは無理ありませんよね。



当院の廊下で歩いている姿を見ていると、左右の脚で、つま先のむいている方向が違う方がほとんどです。

実際、つま先がどちらを向いているのが正しいのか分かっている方は、ほぼいらっしゃいません。



そこで今回は、つま先の方向の目安を提示します。



「人差し指を進行方向に向けて真っ直ぐにする」


が目安です。


外反母趾がある方も多いので、一概には言い切れないところもあるのですが、

基本的には人差し指の向きを意識すると、正しい方向に足が向いている事になります。

意識するのは、足が宙に浮いている時間ではなく、地面に着いている時間に人差し指の向きを意識します。

もっと詳しく言うと、足の裏全体が地面に着いてしまっていては、

足に体重が乗ってしまっていてつま先の向きを変える事は出来ませんから、

踵が地面に着いてから、足の裏全体が地面に着くまでの間に人差し指を意識すると良いでしょう



ただし、この歩き方を意識した時に痛みが出てしまう方は、今は無理をしないでください。

まだ足の筋肉が、人差し指の向きを正面にもっていく準備が出来ていない段階と言えます。

そういう方は、筋肉をほぐして痛みが出ない状態にしてから、再度挑戦するようにしてみて下さい。






夢「待て」








股関節の不安を一緒に取り除きましょう