深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節症と、お尻の筋肉を考える!

今回は、いつもよりも専門的な話で、あまり読む意欲を掻き立てるものではないかもしれませんが、

興味がある方は、お付き合いください。





股関節周囲で代表的な筋肉の1つに、お尻の筋肉「大殿筋」があります。



聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

「大殿筋」は、お尻のほっぺの筋肉です。

自分のお尻を手のひら全体で覆ってみて下さい。

そこが「大殿筋」です。

面積の大きな筋肉です。



「大殿筋」のメインの役割は股関節を後ろに伸ばす「伸展」です。

股関節「伸展」。


歩く時には、踵が地面に着いた瞬間に一番力を発揮します。

この時に、足を地面に押し付けて身体を支える準備をします。

このタイミングは、歩行中に重心が一番低い位置にありますから、

重心を上に持ち上げる役割があります。

また、上半身が前に倒れないように、引き留めておくこともしています。



当院で皆様の「大殿筋」を施術していると、以下のパターンに分かれます。

①全部、柔らかい方。

②全部、硬い方。

③上半分が柔らかく、下半分が硬い方。

④上半分が硬く、下半分が柔らかい方。

です。

①は「大殿筋」の状態が正常な方です。

②は「大殿筋」が凝り固まって、多くの方が普段から使えていない方です。

③と④は、なぜ起こるのでしょうか?

以下に説明していきます。



身体の後から股関節がどこにあるかを見てみると「大殿筋」のほぼ中央に位置します。

股関節の位置。


その結果、股関節よりも上に位置する「大殿筋」と、

股関節より下に位置する「大殿筋」に分かれ


それぞれの働きが変わってくることが想像できます。

「大殿筋」を上下2つに分けて考える。




一般的な医療書は「大殿筋」の働きは、股関節の「伸展」とだけ記載されています。

しかし、股関節の位置関係から厳密に調べていくと、

股関節より上の「大殿筋」は「伸展」と「外転(外側に開く)」と「外旋」の働きを持ち、

股関節より下の「大殿筋」は「伸展」と「内転(内側に閉じる)」と「外旋」の働きを持っています。


違いは「外転」「内転」かです。

股関節の「外転」「内転」




歩行で、この動きを観察していくと、踵を地面に着いた瞬間は、股関節より下の「大殿筋」が働きます。

そして、少し遅れて股関節より上の「大殿筋」が働き始めます。

それぞれの働きを詳しく書くと、

股関節より下の「大殿筋」は股関節を「伸展」させながら「内転」をして、

重心を足の上に乗せる方向へ身体を引き付けます

そして、股関節より上の「大殿筋」が股関節を「伸展」させながら「外転」して、

足の上に乗ってきた重心が、そのまま移動し行き過ぎないようにブレーキを掛けるように働きます。


この2つの動きが瞬時に起こることによって、重心の移動が安定して行われています


股関節より下の「大殿筋」が、しっかりと働けないと、

足への重心移動がスムーズに行われません。

また、股関節より上の「大殿筋」が、しっかりと働けない状態にあると、


ブレーキがきかず、通常よりも骨盤が大きく左右に揺れる歩き方になってしまいます。



以上のように「大殿筋」を股関節の位置で上下に分けた場合に、それぞれ役割が違うため、

身体の使い方によって、上半分が硬かったり、反対に下半分が硬かったりと言う事が起きてしまうわけです。



目標とするのは、上も下も関係なく、全体が柔らかくほぐれている「大殿筋」です。


「大殿筋」を良い状態に整えて、足への重心移動を安定させましょう

ご自宅では「らっこちゃん」がメンテナンスに役立ちます。

らっこちゃん1号

らっこちゃん2号






文章が長くて、夢は、もう眠そうです







股関節の不安を一緒に取り除きましょう