深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節が楽な姿勢と、苦しい姿勢。

東京は雪が積もって、交通機関が乱れていて大変です。

私の正月太りの体重は、仕事に戻ったら無事に元に戻りました。

先週は仙台に出張でした。

今回は間隔が一か月で伺うことが出来たので、比較的皆様に効果が出せたように感じています。


次は札幌に1月31日~2月2日まで伺います。

1月31日と、2月1日に若干数の空き枠があります。

施術ご希望の方は松本深圧院ホームページの問い合わせから連絡ください。

お待ちしております。





前々回のブログで靭帯の話から股関節の内圧の話を書きました。

そこで、股関節の内圧について、靭帯以外の話をしていきます。


内圧が高いと言う事は、痛みが出易かったり、股関節が苦しく感じる状態です。

逆に内圧が低いと、痛みが出にくく、股関節が楽な状態を指します。


日常生活での動作で、股関節にかかる圧力に違いを比べてみます。

椅子から立ち上がる時は、体重の2倍の圧縮力が股関節にかかります。

歩行では、これが5倍になります。

階段の昇りは、6倍

降り4倍になります。

上記の結果からも分かるように、股関節症の方は階段や坂道の昇りが辛いと訴える方が、多いです。

これが膝が痛い方だと、結果が変わってきます。

階段の昇りが4.4倍。

降りが4.9倍となり、降りの方が辛い方が多くなります。


屈伸運動ではどうでしょうか。

いち に さん し、ごー ろく しち はち。

と、昔からやっている体操のリズムで屈伸運動をしたとします。

屈伸運動は、股関節に焦点を当てると、その名の通り、股関節の曲げ伸ばし(屈曲と伸展)の繰り返し運動です。

前々回のブログに書きましたが、股関節屈曲60度が一番、股関節の内圧が下がるポジションになります。

このぐらいの角度が60度屈曲です。


60度から屈曲角度が深くなっても、浅くなっても内圧があがります。

屈伸運動では、太ももが胸につくくらい深くかがみます。

そのため内圧は上がります。

次に屈伸運動で足を伸ばすと、股関節60度を通り過ぎ、股関節は伸ばされる(伸展)方向に動きますが、この時も股関節の内圧が上がります。

屈伸運動が60度を通り過ぎたり、戻ったり。

この内圧の上がり下がりが、屈伸運動で繰り返されます。

そうすると、かがんで上がった内圧から、60度曲がった状態で内圧が下がりますが、また足を伸ばすと上がります。

そこで更に、屈伸運動をすると、一回目にかがんだ時よりも各角度での内圧が高くなります。

この繰り返しで、徐々に内圧は、60度の位置でも右肩上がりに上がっていきます。

その結果、痛みが出やすい股関節環境となってしまいます。


その他にも、袋状に股関節を覆っている関節包の影響も受けます。

関節包が弛緩していれば、内圧が下がります。

関節包は股関節を屈曲すると弛緩します


また、筋肉で内圧に最も影響するのは、腸腰筋です。


赤とピンクの筋肉を併せて腸腰筋

黄色の丸で囲んだ部分が大腿骨頭の部分です。

腸腰筋は大腿骨頭(太ももの骨の股関節部分)の真前を通り、大腿骨頭を骨盤(臼蓋)に押し付ける働きがあります

そのため腸腰筋の緊張具合や、長さ(短縮)の状態で内圧に影響を及ぼします。


最も股関節の内圧が下がる姿勢は、股関節屈曲60度・外転5度・外旋10度と言われています。

屈曲



外転



外旋



寝ている時に、気が付くと膝を立てていませんか?

股関節にとって内圧が下がった楽な姿勢になっているのですね。


どのような姿勢でも、内圧を極力、低く保てるように、腸腰筋を緩めておくのは大切ですね







抱っこされて気持ちよさそうな、甘えん坊の夢です。









股関節の不安を一緒に取り除きましょう