深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

昔の考えに固執してはいけない!

お知らせです。

10月いっぱいをもちまして、高崎店が松本深圧院グループとは別に独立する事となりました。

高崎店の加藤先生とは同期でもあり、とても寂しい気持ちもありますが、加藤先生が悩んで最終的に決めた事です。

今後も、応援していきます。

しかし、グループを離れると言っても、股関節痛に悩む方々をメインに施術して行く事には変わりありません。

皆様も、今後とも加藤先生を宜しくお願い致します。





楽天が日本一になりました。

とても、盛り上がった日本シリーズでしたね。



スポーツの世界では、数年前まで、

とにかく

筋力トレーニングだ!

走り込め!

野球のピッチャーであれば投げ込め!

と言った練習方法でした。

しかし、最近では昔からのこのようなトレーニングは行われていません。

時代によって、変化してきています。



リハビリはどうでしょうか?

数年前は、

筋トレだ!

ストレッチだ!

歩きなさい!

でした。

この状況が、今も変わっていない悲しい現実・・・。

整形外科の先生も、この考えから抜け出せないでいます。

手術はドンドン進歩しているのに、リハビリへの指示は変わらない。


矛盾してませんか?


もう古いと思うんです。

このような体育会系のリハビリは。

勿論、全てのドクターやリハビリが上記の通りではありません。

時代に沿った指導、リハビリを行っているところが増えてきているのも事実です。


例えばストレッチも、もう古いのではないでしょうか?


たまに運動してた後に現れる、筋肉痛のレベルであれば、ストレッチも有効です。

しかし、それ以上に悪化してしまった筋肉はストレッチでは効かない事が多いです。



筋肉が硬くなったからストレッチをする。

しかし、筋肉の端から端まで全てが硬い事は多くありません。

1つの筋肉の中の、どこか一部分だけが周りと比べて硬くなっている事が多いです。

痛みを発しているのは、この筋肉の硬くなってしまった部分だけです。



このような状態の筋肉をストレッチすると、どのような事が筋肉に起きているのでしょうか?


硬い部分はストレッチされずに、その両端にある正常な部分だけがストレッチされているだけなのです。

肝心の原因になっているところには、何の刺激も加わってないと言う事です。


これでは、いくらストレッチを毎日頑張っても効果が出てきません。


では、どうしたら良いのか?

それは、硬い部分をダイレクトに押してストレッチしてあげる事が有効ですし、手っ取り早いです。


自分自身の手を使って押しても良いです。

それでは手が疲れてしまう方や、硬いところが手では押しにくいところにある場合は、

テニスボールや野球ボールを使って押しても良いです。

勿論、当社の「らっこちゃん1号・2号」を使っても改善が見込めます。

らっこちゃん1号


らっこちゃん2号



昔からの方法で改善がみられない場合は、こだわらずに別の方法を試してみて下さい






夢は妹の事が大好きです









股関節の不安を一緒に取り除きましょう