深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

丹田を意識する。

大阪講演会の詳細です。

講演テーマ
「股関節を長持ちさせる3つの秘訣」
~手術をしている、していないにかかわらず、股関節の長持ちを左右するのは“運”でも“筋トレ”でもない!~

講師 松本正彦

3月31日(日曜日)

開場(受付開始)午後12時30分~

開演(講演会) 午後 1時~午後3時

場所
ニッセイ新大阪ビル 18階
「ネット・カンファレンス 大阪」

参加費:無料

まだまだ、参加者募集中です。

参加ご希望の方は、ホームページの問い合わせからメールを送って下さい。








「丹田(タンデン)」と言う言葉を耳にした事はありますか?

東洋医学の世界で、非常に重要な単語です。

東洋医学の中でも「気」について話をする時には欠かせません。


私は、東洋医学について簡単に勉強しましたが、詳しくは分かりません。


しかし「丹田」が重要だと言う事を、ここ1年で凄く感じています。


「丹田」とは、一体何かと言うと、気を集中させる場所

あるいは、気を納める場所といった感じです。


「丹田」は何処にあるのか?

それは、おへその下5cm~10cm位の位置にあたります。

そして、そこから更にお腹側と背中側のちょうど中間あたりにあります。

身体の真ん中と言う感じでしょうか。


「丹田」はツボではないので、一点ではありません。

だいたいの、おおまかな位置の把握で問題ありません。


この「丹田」への意識が出来るようになると、

骨盤の位置が正しい方向に向かいます。

言い換えると骨盤前傾が後傾方向に向かいます。

筋肉が緩み、力が発揮しやすくなるので、動きがスムーズになります。

これらの良い影響から歩行が楽になります。


私はこの1年、歩く時に「丹田」意識するようにしています。

意識すると歩き方、姿勢が良くなることを自覚しています。

皆様も、是非試してみて下さいね







夢の散歩は1日1回、雨の日はお休みです








股関節の不安を一緒に取り除きましょう