深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

太もも最内端。

3月の札幌出張施術の予約受付を開始しております。

現在、確実に空いている枠は、

1日 18時~

2日 15時~
   16時30分~
   18時~

となっております。

施術を希望される方がいらっしゃいましたら、ホームページの問い合わせよりメールを送って下さい。





今回より股関節内転筋群に入っていきます。


太もも(大腿)の内側の筋肉は5つあります。

まずは、最も内側にある筋肉からの登場です。

それは「薄筋(ハッキン)」です。

股関節を広げた時(外転)に内ももで、一番張り出してくる筋肉が「薄筋」です。

前から見た絵です。

黄色いのが「薄筋」緑は縫工筋。

太ももの長さの、真ん中から膝よりは「薄筋」と縫工筋は、並走しています


黄色が「薄筋」緑が縫工筋、オレンジが大腿四頭筋の一部である内側広筋。

向かって右の足は縫工筋を取り除いて「薄筋」を見やすくした状態です。

更に、他の筋肉を取ってみます。

向かって右の足は、もはや「薄筋」のみです。

「薄筋」は、このような形をしています。

上の絵で確認できますが「薄筋」骨盤の一部である「恥骨」からスタートしています。


写真を使って表面から見ます。

正面から。

黄色が「薄筋」緑が縫工筋、オレンジが内側広筋、ピンクの○の位置が腸腰筋。

少し内側から見ると。

黄色が「薄筋」緑が縫工筋、オレンジが内側広筋。


指を指している筋肉が「薄筋」です。


次は後ろから見ます。

黄色が「薄筋」紫がハムストリングス、ピンクが大殿筋。

太ももの裏では、太ももの下半分は内側ハムストリングスと並走しています

膝裏を拡大します。

黄色が「薄筋」緑が縫工筋、紫がハムストリングス。

この絵では「薄筋」の更に内側に縫工筋が並走して見えていますね。


身体の表面から観察。

黄色が「薄筋」紫がハムストリングス。



次回は、太もも(大腿)の内側にある「薄筋」を、その内側から他の筋肉との位置関係を見ていきます



股関節の不安を一緒に取り除きましょう