深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

「股関節が音が鳴るんです」

12月の仙台出張施術に残り2枠、空きが御座います。

7日 16時30分~

8日 14時30分~

施術ご希望の方がいらっしゃいましたら、松本深圧院ホームページより、お申し込みをお待ちしております。






股関節が「ポキポキ」「コキコキ」「ガリガリ」「ゴリゴリ」鳴るんです。

という方が多くいらっしゃいます。

これは何の音でしょうか?

軟骨同士や、骨同士がぶつかり合って鳴っている音でしょうか??


答えは「No」です。


股関節の周りの筋肉や腱、靭帯が、股関節の出っ張った骨に引っ掛かり、音が鳴っているのです。

この症状を「弾発股」と言います。

起床時、椅子からの立ち上がり、歩く動作で音が鳴る事が多いようです。

通常は音や引っ掛かり感があるだけで痛みは無い事が多いです。

しかし、音が鳴るのと同時に痛みがある方は、繰り返し骨と筋肉や腱、靭帯がこすれて炎症を起こしている可能性があるので、

安静と患部を冷やす(アイシング)必要があります。

比較的、女性の方に「弾発股」は出やすい症状と言われています。

引っ掛かり感は、骨の上を筋肉や腱・靭帯が動く際に生じます。


症状は、

①上記のような音が鳴る(普通に歩くだけで。骨盤を左右に動かすと。)。

②股関節が、はずれるような感覚がある。

③股関節に違和感がある。

④足を動かすと、お尻や足の付け根(ソケイ部)が痛い。

⑤股関節を大きく動かすと痛く、可動域が狭く、左右差がある。

例えば、足を外側に回したり(外旋)、


外側に開く(外転)と音が鳴る。


股関節を曲げた状態(屈曲)から伸ばす(伸展)時に音が鳴る。



などです。



「弾発股」には股関節のどの部分で引っ掛かりがあり、音が鳴っているのかで3種類に分けられます。

①股関節外側から音が鳴るタイプ。*最も多い。

大腿筋膜張筋の過剰な緊張により、腸脛靭帯が太ももの骨の大転子に引っかかって音がします。

水色で囲んだ中の赤い筋肉が大腿筋膜張筋。白い靭帯が腸脛靭帯。


大転子


腸脛靭帯は日常の生活の中で何度も、大転子の上を前後に移動します。

腸脛靭帯は常に適度な緊張状態にある性質をもっているため、大転子で擦れる事で炎症を起こします。

また、炎症が起きると、その部分は局所的に厚くなり、引っ掛かり感が強くなります。

大転子には中殿筋・小殿筋・梨状筋・その他4つの深層外旋筋群がついていて、大転子と皮膚の間を大殿筋と腸脛靭帯が通ります。)

お尻が出尻になっている方に出やすい。


②足の付け根(ソケイ部)から音が鳴るタイプ。*一番改善しやすい。

腸腰筋の腱が大腿骨骨頭に引っ掛かって音がします。

丸で囲んだ部分で音が鳴ります。



③股関節内側から音が鳴るタイプ。

激しいスポーツ(ヨガ・ダンス・ランニング・サッカー・登山・空手・自転車など)をしていた方に出やすい。

変形性股関節症の人に多い。



原因は、

①激しいスポーツ。

②先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全。

③変形性股関節症。

などです。


治療法としては自分自身のケアとしてストレッチが挙げられます。

ストレッチは特に股関節の前側と外側を行うと効果的です。

それと、骨盤の位置の正常化です。

骨盤が前傾していたり、後傾していると股関節の位置も正常ではないため、筋肉が緊張してしまい「弾発股」の症状が出ます。

背骨の変形からも、骨盤の傾斜に影響しますから姿勢が原因であることが多くあります。

「深圧」ストレッチで筋肉の硬さをとって、骨盤と股関節の位置関係を正常に近づけ、気になる音を消しましょう






夢が、お散歩に出発です

何やら不安そう・・・。





股関節の不安を一緒に取り除きましょう