深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

逆転の発想。

新大阪店の移転先が決まりました。

新大阪駅からの距離は、今までのマンションとほとんど変わりません。

今までは新大阪駅からホテルラフォーレの前を通り、回生病院の前を通り、ファミリーマートを右折していましたが、

移転先は、このファミリーマートを曲がらずに、そのまま真っ直ぐ進んだ大通り沿いです。

詳しい話は、また後日、松本先生のブログでも発表されます。

もちろん、このブログでもインフォメーションしていきます。

今後とも新たな船出となる、新大阪店を宜しくお願いします。






股関節の痛みに悩まされている方で、特に股関節の前側(ソケイ部)の痛みが消えない方がいらっしゃいます。

自宅でソケイ部をマッサージしたり、ストレッチして伸ばしているけど、なかなか良くならないという方、いらっしゃると思います。



このような方に、是非とも試してい頂きたい方法があります。

痛い前側とは反対の後側、つまりお尻の筋肉に注目して頂きたいのです。

お尻にも筋肉が沢山ありますが、その中でもお尻の深いところにある筋肉が今回のターゲットです。

お尻には深層外旋六筋と呼ばれる筋肉達がいます。

その名の通り、深部にある、股関節の外旋の役割を担う、6つの筋肉達です。

6つの筋肉は、

「梨状筋」

「上双子筋」

「下双子筋」

「内閉鎖筋」

「外閉鎖筋」

「大腿方形筋」


です。



水色で囲んだ線の中に6つの筋肉が含まれています。

一番上の「梨状筋」は有名です。

それ以外は、筋肉が小さいので、あまり個別で話題にあがる事はなく、深層外旋六筋としてまとめて言われることが多いです。


これら股関節の後方にある筋肉が硬くなると、後方の圧が高まります

イメージ的には、

お尻とソケイ部の限られた前後の皮膚と言う袋の中で、

お尻の圧が高まるとお尻側が膨れる感じです。

そうするとソケイ部側も全体的に後方に引っ張られるため、

前方の筋肉も皮膚に潰されるように圧が高まります。


この圧の変化により、ソケイ部の筋肉に痛みが誘発されてしまう事があります。


この場合、いくらソケイ部をマッサージしたり、ストレッチしても原因がお尻側の筋肉にあるわけですから根本的な解決にはなりません。

是非、ソケイ部の痛みがしつこい方は、深層外旋六筋のマッサージ(らっこちゃんも有効)やストレッチを試してみて下さい。



痛みが楽になりますように







夢がお散歩に出発です








股関節の不安を一緒に取り除きましょう