深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

筋肉紹介シリーズ・・・おまけ。

天皇陛下の手術が無事に終わり、良かったですね。

退院まで、しっかりと療養して頂きたいと思います。






やっと長い旅を終えた、筋肉シリーズですが、何をおまけで説明するかというと、

筋肉は全て紹介したので、筋肉ではありません。

筋肉の影響による、膝の痛みについてお話します。


以前、大腿筋膜張筋の章で、

「大腿筋膜張筋と大殿筋は腸脛靭帯に移行し、腸脛靭帯が膝のお皿の下の外側につきます。

膝の外側の痛みは、これらの筋肉・靭帯が原因の事があります。」

という事を書きました。


今回は、膝の内側の痛みについて触れておこうと思います。


膝の内側は、外側よりも多くの筋肉が股関節周囲から集まってきます。

その筋肉は、

「縫工筋」

赤い筋肉。

水色で囲んだ筋肉。

「半腱様筋」

水色で囲んだ筋肉。

「薄筋」


の3つです。

これら3つの筋肉が、ほぼ同じ場所に集まり、下の絵のように膝の下の内側についています。

緑が縫工筋、黄色が薄筋、紫が半腱様筋

この3つの筋肉が集まった部分を「鵞足(ガソク)」と呼びます。

また3つの筋肉の事を総称して「鵞足筋(ガソクキン)」とも言います。


膝はレントゲンでは何ともなく、股関節が悪いはずなのに、何故、膝が痛いんだろう?

という方は、これらの筋肉が悪さをしている事が多いです。

つまり、この「鵞足筋」を治療することで膝の痛みが取れる可能性があります。


膝も股関節の影響を受けやすい筋肉です。

股関節周りの筋肉をほぐして、腰痛や膝痛も予防・改善していきましょう






股関節の不安を一緒に取り除きましょう