深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

「はじめの一歩が出にくいんです」

最近よく耳にする「体幹」と言う言葉。

いったい何の事を言っているのでしょうか?

「体幹」とは字のごとく「カラダのミキ」です。

胴体を指すのが一般的でしょう。

筋肉をターゲットに「体幹」を説明すると、背骨や骨盤の向きや角度に影響を与える筋肉を指します。

人間の姿勢は背骨や骨盤の向きや角度に大きく左右されます。

悪い姿勢は筋肉の不均一が起こり、肩こりや、腰痛(ヘルニア)などを引き起こす原因になります。

勿論、股関節周りにも影響を出しますね。

「体幹」の力をつける事は痛みを出さない為にも重要なポイントです。


お腹には内臓を覆っている大きな袋があります。

この袋を「腹腔」と呼びます。

「体幹」を鍛えると「腹腔」内の圧力が高まり、背すじが伸びる効果が得られます。

「腹腔」内の圧力が高まるとは、お腹周りにコルセットを巻くのと同じ事になります。

ちなみに、このコルセットの役目を果たす筋肉を腹横筋と言います。

ここで腹横筋の簡単な鍛え方を紹介しましょう。

空気を思いっきり吸い込み、お腹と背中がくっつくほどお腹をへこませます。

この動きで腹横筋に刺激が入り、お腹の内側からお腹を絞り腹圧が高まります。

そして、呼吸をしながらも、このお腹の状態をキープしてみて下さい。

呼吸が出来た方は、そのまま日常生活を送ってみて下さい。


「体幹」が鍛えられますよ




人間は手や足を動かす時に、最初に動く筋肉は手や足ではなく「体幹」の筋肉です。

「体幹」の筋肉がまず動き、手や足はそれに連動して動きます。

つまり、手や足を動かすには「体幹」の力が必要不可欠です。

逆を言えば、この「体幹」を鍛える事で手や足をスムーズに動かすことが出来るようになります。




起きてすぐや、長時間座っていた後の一歩目が、なかなか出ない方が非常に多いです。

「一歩出てしまえば、その後は楽になるんだけど・・・」

そのような悩みを抱えている方は「体幹」を鍛えてみてはいかがでしょうか?

普段は足に痛みがある方に対して、足の筋トレを推奨していない記事を書いていますが、上半身は鍛えて問題ありません。

具体的には、まずは皆様がご存知の腹筋から始めてみてはいかがでしょうか?

腹筋は、頭をあげる必要はありません。

頭を上げると首を痛める危険性がありますから。

あおむけに寝たまま、腰骨を布団やベッドに押し付けるだけで、腹筋は鍛えられます。

あおむけに寝ると、腰骨と布団やベッドの間に隙間が出来ませんか?

その隙間を埋めるように動かすと腹筋に力が入ります。




「体幹」を鍛えて、一歩目を楽にしましょう





股関節の不安を一緒に取り除きましょう