深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

続いては「外旋6兄弟」の登場。

1週間ぶりの更新です。

先週末は初の新大阪出張に行ってきました。

出張先では、皆様に温かく迎えて頂き、とても良い「経験」「勉強」となりました。

また、初日の夜に開催して頂いた食事会も「両手に花」で有意義な時間を過ごさせて頂きました。

有り難う御座いました。

関西の皆様から頂いたパワーで、気持ちを新たに本日から銀座で、ヒップをエルボーでプッシュ、プッシュ!していこうと意気込んでいます。




その気合いの現れか!?

今回のブログは、大作になってしまいました。

内容的に途中で切る訳にもいかず、一度に載せてしまった方が絵や写真の見比べなどがし易く、分かりやすいと思ったので、いっきにアップします。

ただ写真が多めになっているので読みやすいと思います。

何日かに分けて読んで頂いても良いかと思います。

どうぞ、お付き合いください。





お尻の筋肉には2組の兄弟がいます。

1組目は以前紹介した「大殿筋・中殿筋・小殿筋」の「お尻3兄弟」です。

もう一組は、今回紹介します「外旋6兄弟」です。

実は前回のブログで紹介した梨状筋は、この「外旋6兄弟」の長男になります。

今回は残りの5人を紹介します。


いきなりですが、全員の名前を先に発表してしまいます。

「内閉鎖筋」「外閉鎖筋」

「上双子筋」「下双子筋」

「大腿方形筋」
の5人です。



「外旋6兄弟」の名の通り、役割は股関節を外側にひねる動き=外旋になります。
向かって左側の動きです。




ここから兄弟を1人ずつ紹介していきます。

まずは「上双子筋」の登場です。

場所は前回登場しました、梨状筋の下にあります。

後ろから見た絵です。


両側みると。

水色で囲まれた部分が「上双子筋」です。

横から見ます。


このように骨盤から始まり、太ももの骨の大転子につきます。



次に「内閉鎖筋」です。

場所は上で紹介した上双子筋の下にあります。

後ろから。


両側見ると。


横から。


坐骨から筋肉が出て、大転子につきます。


厚さは1cm位あります。


次は「下双子筋」
場所は上で紹介した内閉鎖筋の下にあります。

後ろは。


両側だと。


横は。


坐骨から筋肉が始まり、大転子につきます。


続きましては「大腿方形筋」
場所は上で紹介した下双子筋の下にあります。

後ろ。


両側。


横。


坐骨から筋肉が始まり、太ももの骨の大転子につきます。

名前の通り、方形の形をしています。


最後は「外閉鎖筋」です。

場所は今までとは少し変わります。

見る方向は前から見ます。

赤い筋肉が「外閉鎖筋」です。

同じく前から全体を見ると。

水色で囲んだ部分です。

後ろから見た場合、人によっては、下双子筋と大腿方形筋の間に見えることもあります。

骨盤から筋肉が始まり、太ももの骨につきます。

厚さは1cm位あります。



奥深くにある筋肉ですが、身体の表面から見ると、どの辺りにあるのでしょうか。

まずは「外旋6兄弟」の中でも仲良くくっついている「上双子筋」「内閉鎖筋」「下双子筋」は、この○で囲んだ辺り。


次に「大腿方形筋」は。

指で押さえているところ。

最後に「外閉鎖筋」は、こちら。

親指で押さえている辺りになります。


以上、梨状筋と合わせた「外旋6兄弟」には正式名称があります。

それは深層外旋六筋

その名の通り「深い場所にある、外旋の働きを持った、6つの筋肉」と言う事です。


どの筋肉も、梨状筋と同様にインナーマッスルになります。

表面の大殿筋が硬ければ、奥にあるこれらの筋肉は触れません。



これらの筋肉が股関節に与える影響は、お尻の痛みにも影響しますが、前側の足の付け根(ソケイ部)にも影響を及ぼすことがあります。

それは、これら深層外旋六筋が炎症などで肥厚すると厚みが出るため、前側にある付け根の組織(筋肉や腱・靭帯など)を圧迫することがあるのです。

この圧迫が原因で前側の付け根に痛みが出ることがあります。

この場合、いくら前側を治療しても、痛みは治まりません。

根本はお尻側にある深層外旋六筋の筋肉達なのですから。



前の付け根の痛みがしつこい方は、お尻の筋肉の硬さもチェックしてみて下さいね





股関節の不安を一緒に取り除きましょう