深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

歳を取ると筋肉痛が遅く来る!それって、本当?

休みの日に「笑っていいとも」を観ていたら、筋肉痛の嘘?本当?みたいなものをやっていたので、筋肉痛について書いてみます。


筋肉痛が何故おこるのか?

と言う事については、最近まで筋肉に蓄積された乳酸の仕業と考えられていました。

しかし、最近の研究で、どうやら他にも原因がある事が分かってきました。


1つ目は、上にも登場しました筋肉に乳酸が溜まって起こる痛みです。

この場合、しばらくすると乳酸は酸素によって二酸化炭素と水に分解され、筋肉中に乳酸は残らないので、通常は数日すると痛みが消えます。


そして最近発見された2つ目の原因は、筋繊維の損傷によって起こる痛みです。


いくつもの筋繊維が束になって、筋肉を構成しています。

例えば、筋肉の縮む方向とは逆の方向に伸ばしたり、あるいは強く伸ばしすぎたり、運動量がいつもより多かったりした為に、筋繊維が傷つき、炎症を起こすことで生じます。

この場合の炎症は、壊れた筋繊維の組織が修復する際に起こるとされています。


若いうちは激しい運動をした直後か翌日に筋肉痛が出ますが、歳を取るとともに痛みが出るのが遅くなり、翌々日に筋肉痛が出る事があります。

これは、加齢とともに新陳代謝が衰え、筋肉の再生が遅くなっている事が考えられます。


現段階では、2つの理由のどちらか1つが原因と言う訳ではなく、両方とも原因の1つとして考えられています。


筋肉痛の予防には、日頃からの軽めの運動が最も効果的です。

また、運動前には十分にストレッチを行い、運動後にも軽くストレッチを行う事が大事です。

筋肉をいたわってあげましょう


股関節の不安を一緒に取り除きましょう