深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

震災後の大型連休。

間もなく震災から2ヶ月が経とうとしていますね。

避難所で、この2カ月間を過ごされている方、

2カ月間、福島第一原発で放射能と言う見えない敵と闘いながら頑張って下さっている方々。

それ以外にも、色々な状況で苦難と向き合っている皆様が居る事を思い、

支援を続けていかなければなりません。


一方、ゴールデンウイークで松島などの観光地に人が戻りつつあるようで、復興へ向かっている兆しも伺えるようになってきた事を嬉しく思います。



皆様は、ゴールデンウイークはどのように過ごされたでしょうか?


私は、3~5日に連休を頂けたので、20年ぶり位に鬼怒川・日光に行ってきました。

1ヶ月前のニュースでは、日光も震災以来、観光客がめっきりいなくなり、ゴールデンウイークへ向けた誘致活動をしていました。

そのような事もあり、すいているのかな?

と思いながら、向かいましたが、実際はとても賑わっていて、どこのホテルも満室と言う状況でした。

車も駐車場待ち渋滞などで、ほとんど動かず、歩いた方がよっぽど速い状態でした。

外国人は、ちらほらでしたが。


日光と言えば東照宮ですよね。

勿論、行ってきました。







定番の「見猿・聞か猿・言わ猿」「眠り猫」「徳川家康のお墓」と大人になってからみると昔、小学生の時に見た感覚とは違うものを感じました。


今回の旅で私が一番気に入ったのは、東照宮の隣にある「大猷院」です。

ご存知でしょうか?

「大猷院」は三代目将軍家光のお墓がある社寺です。

東照宮と比べて大きさや派手さはありませんが、落ち着いた雰囲気があり、色づかいも独特で居心地の良い空間でした。


幕張にも出かけてきたのですが、

液状化の問題は深刻で、



上の写真の様に補修も終わってませんし、地面が波を打ったままになっていました。

震災によって実際に被害を受けた状況を目のあたりにすると、地震の大きさを再確認させられます。


栃木県には観光客は戻ってきている事を感じました。

風評被害を受けた茨城県や福島県は観光客の量は昨年比べて1/10だったそうです。

東北の平泉文化遺産が来月には世界遺産登録される事になり、更に東北を訪れる人が増え、経済も潤うと良いなーと願っています。


股関節の不安を一緒に取り除きましょう