深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

股関節の特徴

暑さ寒さも彼岸まで、それが私の……悲願です!
……はい、フライデー松本です。
今週日曜日はスタッフ内の勉強会です。
私は梨状筋に関する新しい考え方をスタッフに指導します。
全ては皆さんの為に!

今週ゴルフに行ったら、キャディさんがポルトガル語を話すブラジル出身の方でした。
偶然、びっくり。









レントゲン上、軟骨や骨に変形がみられる『変形性関節症』は全ての関節に起こる可能性のある疾患です。
それは、足首にも膝関節にも、腰にも首にも指にも。

ところがなぜか、股関節に起こった『変形性股関節症』だけ“進行性です”という先生がいます。

同じ『変形性関節症』という名前だし、同じ症状なのにおかしくないですか?


「誰でも年を取っていくので、ある意味進行性でしょ?」


違います。

それは加齢であって“進行性”とは全く異なることですので、医療従事者は絶対に混同してはなりません。
非常に神経を使う必要があるほど“進行性”という言葉は怖い言葉だと私は思っています。

では、なぜ股関節だけ“進行性”と言われることがあり、変形=手術しかない、と言われるのでしょうか?
その理由には股関節特有の特徴があるからだと思われます。


その特徴とは・・・

1、大腿骨頭内に十分な血管がいきわたっていないという特徴
2、股関節が非常に深部にあるという特徴


この2点が大きく影響しているように感じます。

軟骨や骨は、血管を流れる血液から栄養をもらっています。
股関節は、その血管が十分行きわたっていないという弱点を持っている関節なのです。

また、膝関節や足関節(足首)は簡単に触診でき、皆さんも簡単に位置がわかると思います。
しかし、股関節は多くの筋肉に包まれて奥の方に存在しますので、股関節を直接触診できませんし、皆さんも股関節のイメージがわきにくいと思うのです。

簡単に言うと、股関節は血管に弱点を持った非常にわかりにくい関節なのです。

 
次回から、この2つの特徴について考えてみたいと思いま~す。






変形性股関節症を怖がらないでね






■宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!

     ■渋谷区周辺の方は芦沢先生にご相談ください!






6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 松本深圧院福岡 院長中村雄也 
         2016年4月4日オープンしました。
         現在、かなり良い雰囲気になっています。
         九州周辺の皆様、宜しくお願いいたします!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
        2013年4月大阪店を開院しました。
        山中院長の人気急上昇です。
        


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ


■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
        小林先生が2016年7月1日にデビューしました!

                
■仙台 
        理学療法士の先生を育成中です。
        そろそろですね!


■札幌 随分患者さんが増えています。
        理学療法士、作業療法士、柔道整復師募集中です!
        仙台の見通しがつけば、本格的にスタッフを探し始めます。
        


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。