私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

ケガの後遺症

みなさん元気、ぼく元気。

どうも、梅雨の豪雨が酷いですね、これは台風です。

お気を付けください!

そんなジメジメ感を吹き飛ばす!爽快な松本です。 そうかい、そうかい、はいはい

最近笑ってますか!

私の顔でも見て笑って下さい。

 

せっかく龍馬とお龍さんと一緒に写真撮ろう言うたのに・・・

 

あまりにも2人が愛想が無いき説教しちょったあの頃・・・

間もなく梅雨の世ぉがあけるぜよ~~~~!

 

 

 

🍓股関節痛を感じて当院に来られる方々の中には、意外とケガの後遺症と考えられる患者さんが多いです。

 

例えば、レントゲン写真で股関節の屋根が浅い臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)があって股関節痛があった場合、臼蓋形成不全=股関節痛と考えられるケースがほとんどです。

臼蓋形成不全の方は、子供の頃から股関節が不安定ですので股関節の捻挫も起こりやすくケガをしやすくなります。

 

皆さんが初めて股関節痛を感じた1年~2年前にケガをしたことはありませんでしたか?

そして、よく考えるとそのケガのあとから股関節に違和感がでたという記憶はありませんか?

 

先月、札幌でお会いした初めての患者さん5名の内3名はこのようなケガの後遺症が股関節痛の原因と考えられました。

 

ケガの後遺症は、臼蓋形成不全があったとしても変形性股関節症ではありません。

むしろ、早めに後遺症を取り除いてくれる方がいないから変形性股関節症になる可能性があるのです。

 

富士温泉病院の矢野先生は、著書の中で『放置により変形性股関節症を発症する。』と書かれています。

私も同じ考えがあり、ケガの後遺症の段階で症状を改善させられれば、変形性股関節症になるのを防げる方がいると思っています。

 

股関節の捻挫等のケガをすると、一時的に股関節周囲に炎症が起きると思います。

その炎症の程度により、皆さんの記憶に残りにくい程度のケガもあると思います。

 

このケガ自体は1ヶ月もあれば十分治るのでしょうが、その後遺症として筋肉に硬さが残ります。

この筋肉の硬さ(筋硬結)に無理や疲労が加わった時、自覚症状が股関節痛、正確には股関節周囲の筋肉痛として現れます。

 

この後遺症はレントゲン写真に写りませんので、レントゲン写真しか見ない先生には後遺症という概念はほとんど理解できません。

 

一般的に、『むち打ちの後遺症』という言葉を聞いたことがあると思います。

交通事故によって、頭の重さの為に首が鞭を打つように動いた結果、首の捻挫を起こします。

その捻挫は1ヵ月もすれば治るのですが、首から肩にかけて、重症の場合は腕まで後遺症が残り、冷えたり疲れた時に痛みとして現れます。

 イタリア人だった頃の僕

 

この、むち打ちの後遺症の様なケガの後遺症はほとんどのケガの後に現れる可能性の高い症状です。

後遺症は股関節が正常な方にも現れます。

また、若い時に股関節周囲を骨折したことのある方にも現れることが多いです。

 

この後遺症による股関節痛は、レントゲン写真に異常があったとしても、必ず股関節痛=変形性股関節症ではありません。

病院では、診断名を付けなければならないので、ちょっとでも骨や軟骨に異常があれば変形性股関節症との診断を受け、その後はお決まりの初期➡進行期➡末期とすすむと判断されることが多いです。

 

変形性股関節症ではない後遺症による股関節痛の方々の特徴は動作が速く行えることです。

痛みはあるのですが、寝返りや起き上がりの動作が速く、走っていただくと、痛みはあるものの凄く速く走れます。

しかし、調子が悪くなると筋肉がつって一歩も脚が出ないこともあります。

 

ケガの後遺症の多くはももの内側にある内転筋群に出る方が多いです。

 

しかし、不思議なことに内転筋群は痛みを出さないことが多いのです。

 

痛みは鼠径部やお尻の横に出やすいのですが、ももの内側をほぐすだけで痛みが全く無くなる方は多いです。

 

初めて痛みを感じた1~2年前にケガをした記憶のある方は、是非一度ももの内側の筋肉群をしっかりとほぐしてみて下さい。

椅子に座って、ももの下に野球の硬式ボールを入れて、ももの上方の内側をほぐすことでも解決するかもしれません。

また、椅子に座って痛い方の股関節を少し開いた時にももの付け根の内側に現れる硬いスジをすりこぎ棒などで押してあげるのも効果的です。

痛い方の脚を下にして横向きに寝て、ももの間にフォームローラーを入れて痛い方の脚の内転筋群をほぐすのも良いかもしれません。

 ちくわではなく、フォームローラーと言います。

 

 

私が内転筋群を『静かなる犯人』と呼ぶくらい内転筋群は症状は出さないけど悪さをする筋肉です。

 

ケガの記憶の無い方も、是非一度内転筋群をほぐそうとしてみて下さい。

ほぐした後に歩くのが少しでも軽くなるような感じがあれば、そいつが犯人だ!かもしれません。

 こいつが犯人か?

 

 

🐸 変形性股関節症を怖がらないでね!🐸
いつもご愛読ありがとうございます😘
2022年、銀座に何かが起こる

 

こちらも見てね。(HipTuber田山陽平)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UCfv6zBW8rWk11L9B9TTK8_A
「チャンネル登録をお願いします」

酒井のぶ子 にコメントする コメントをキャンセル

画像の文字を「コード」に入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

*

  1. 酒井のぶ子 より:

    こんにちは!
    6月に札幌で施術をしていただきました。
    変形性股関節症と言われ将来は手術を受けて車椅子の生活だと思って不安な日々でした!
    3年前に山登りで無理な態勢で飛び降りた着地のときに痛みがありその後遺症のための痛みであったわかり、本当に驚きました。そしてメンテナンスの方法も教えて頂き、嬉しくて帰りはいつもより長い距離をルンルンして歩いて帰りました。股関節からの痛みでなかったことで心身ともに健やかに過ごしています!
    本当にありがとうございました😊
    先生のブログは面白いのでこれからも拝見させていただきます❗️