私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインサロン

オンラインサロン

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

長内転筋の話

みなさん元気、ぼく元気。

どうも、まっちゃんです。

先日、初めて岡山⇒高松⇒博多を6日間かけて一気に深圧で回ってみました。

ちょっと効率が悪かったので、次回は博多⇒岡山⇒高松の順に回ってみようと思います。

次回は、2022年1月23日、24日、25日が博多深圧、26日、27日が岡山深圧、28日、29日が高松深圧の予定にしました。

西日本を1週間かけて回ってみます!

宜しくお願いします。

 

 

🍓皆さんはご存知でしょうか?

 

人工股関節手術中に、人工股関節を入れた後股関節を外に開く可動域を確認した時、あまりにも開かないのである筋肉を切って(金解離術:きんかいりじゅつ)外に開きやすくすることがあることを。

 

この時切られる筋肉が長内転筋です。

 

長内転筋は、麻酔がかかった状態でも強く短縮し硬くなりやすい筋肉です。

 

このことから考えられることは、長内転筋が変形性股関節症による股関節の炎症の影響を最も強く受けていると考えられます。

 

そして、皆さんの股関節痛の原因となる筋肉として、最も多いのが長内転筋だとも考えられます。

 

最近、ある患者さんの長内転筋をガッツリ深圧したら、その後の経過が非常に良かったので、しばらくは長内転筋をメインに深圧するようにしており手ごたえを感じています。

 

皆さんが寝た状態で膝を立てて、股関節を開いた状態でももの内側を触ると一段と硬いスジ(筋=筋肉)に触れることができます。

 

 

写真の青いスジ、そいつが長内転筋です。

 

この筋肉は非常に硬くなりやすいので、両ひざにボールを挟んでももを締める様な筋トレをするとさらに硬くなります。

この筋トレは非常に危険なんですね。

 

どうにかして、この長内転筋をほぐして、股関節痛を改善したいものです。

皆さんなら、どうやってほぐします?

 

 

🐸 変形性股関節症を怖がらないでね!🐸
いつもご愛読ありがとうございます😘
2022年、銀座に何かが起こる

 

❖こちらも見てね。

Youtube版『股関節痛は怖くない!』チャンネル 松本正彦

 

❖こちらも見てね。(HipTuber田山陽平)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UCfv6zBW8rWk11L9B9TTK8_A
「チャンネル登録をお願いします」

 

コメントを投稿

画像の文字を「コード」に入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

*