私たちは深圧という特殊技術で股関節を専門に施術しています

オンラインショップ

オンラインショップ

ブログ一覧

ブログ一覧

出張施術予定

出張施術予定

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

股関節に水が溜まる!

みなさん元気、ぼく元気。

どうも暑さには強い真っ黒な松本です。

腹は黒くないつもりです。

先週は気温39°のなかゴルフしてました。

DSC_3326

比較的湿度が低くて風があったので非常に楽でした。

どうにか快適に過ごす方法を探し、この暑さを乗り切ってください!

 

 

🍓最近、『股関節に水が溜まっていると言われました。』という方に多くお会いします。

MRI検査の結果だと思われます。

 

もともと、股関節にしろ膝関節にしろ、関節には栄養分を含んだ水があります。

の栄養を軟骨が吸収して軟骨は生きているのです。

 

従って、本来関節内の水自体は必要なものです。

 

その水が増え過ぎた時に『水が溜まっている』と言われることがあります。

 

最近暑いですね。

直射日光が皮膚にあたると、汗が分泌されて皮膚の温度を下げてくれます。

 

股関節内に直射日光が当たるわけではありませんが、股関節内に何らかの原因で炎症が起きた時、関節の袋(関節包)には熱が発生します。

その熱を冷やそうとして、関節包の内側の滑膜から水が多く出て関節内を冷やそうとしてくれます。

関節内も熱くなると汗をかくのですね。

 

従って炎症がある股関節に水が溜まることは股関節にとっては必要なことなんです。

 

膝関節の関節包は大きいので水もいっぱい溜まりやすくなります。

その水はあまりにもいっぱいになると関節包を内側から圧迫して痛みを出します。

その時だけは『水を抜く』ことも良いかもしれません。

 

しかし、股関節の関節包はそれほど大きくなく水が溜まるスペースが少ないので、股関節に水が溜まって抜くことはまずないと思います。

 

『股関節に水が溜まっている』時は炎症があるのですから、いつもよりは活動量を減らして炎症への刺激を少なくした方がいいでしょう。

 

炎症は自然治癒力によっていずれは治まります。

すると股関節内を冷やす必要もなくなりますので、水はいつの間にか自然に吸収されて少なくなります。

 

股関節に炎症が起きて水が溜まっている方は、股関節痛がおさまるまで筋トレは中止して普通に生活すればいいのですが、少し活動量を抑えてみて下さい。

股関節に水が溜まると主に内転筋が固くなりやすいです。

ももの内側にある筋肉群です。

↓↓↓

フォームローラー等を使ってももの内側をほぐしてみて下さいね。

 

横向きに寝て、股の間に挟んでほぐしてはいかがでしょうか?

 

 

心配はご無用です!

 

 

🐸 変形性股関節症を怖がらないでね!🐸
いつもご愛読ありがとうございます😘
2022年、銀座に何かが起こる!

 

コメントを投稿

画像の文字を「コード」に入力し、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

*